〔リバネスセンシズ〕「美しい食料生産」を追求するひと(前編)

〔リバネスセンシズ〕「美しい食料生産」を追求するひと(前編)

リバネスセンシズでは、リバネスメンバーのインタビューを通して、そのパッションを紐解き、実現しようとする個々の未来像をお伝えします。

五十嵐 圭介(いがらし けいすけ)
博士(農学)

専門:植物遺伝育種学

(聴き手:佐野 卓郎)

小さい時は外で走り回って遊ぶことが好き、食べることも大好き。テレビで「村」を作る番組を見て、進路は食と農業につながる「農学」を選んだ。五十嵐 圭介(いがらし けいすけ)さん自身は、「そのときどきで、今できることを考えながら、思い立った道を選んできた」といい、決して将来のビジョンから逆算的に進路を決めてこなかったという。今回はそんな五十嵐さんに話を聞いてみた。

佐野:リバネスはどこで知ったんですか?

五十嵐:ある技術系ベンチャー企業と知り合ったことに始まります。培養肉をつくるベンチャー企業です。私は植物の研究をしていたのですが、もともと食や農業に興味がありましたから、未来の食を担うかもしれない培養肉にも当然興味を持ちました。
その後、そのベンチャー企業をリバネスが支援していると知りました。予想外だったんです。もちろん技術的にはとても面白いし、私自身も惹かれていましたが、成功するかどうかも全くわからないベンチャー企業に、様々な支援をするということが不思議でなりませんでした。
「リバネスとはどんな会社なんだ」。そう思い、役員陣と話ができるビジョナリーカフェに参加してみたのです。

佐野:参加してみてどうでしたか?

五十嵐:実は、特に強いインパクトは受けなかったんです。私自身がまだ学生で、ピンとこなかったのかもしれません。ビジョンの大切さやQPMIサイクルなどの話がされましたが、「自分があまり考えていないことを重要視している人たちがいるんだな」という程度でした。

佐野:なぜリバネスに来たんですか?

五十嵐:いよいよ就職を考え始めたとき、先生の紹介などもあっていくつかの候補が上がってきました。「研究室に籠って実験ばかりをしていては視野が狭くなる。もっと別の深みを目指そう。」と、先ほどの技術系ベンチャーへの就職を考えたりもしました。色々と悩みましたが、「視野を広げたい」という気持ちが膨らむに従って、「それならばリバネスではないか」と思うようになりました。

佐野:確かに、リバネスは科学技術に関する様々な取り組みをしていますからねぇ。入社してからは、どのような仕事をしていますか?

五十嵐:実験教室をやっています。企業と連携して行う高校生との研究プロジェクトなどもやっていますね。研究開発事業部に配属されたので、様々な研究の実験系を組んだりするような仕事もやっています。私の性格かもしれませんが、興味が湧き始めると仕事の速度が数段あがるので、私自身、自分の興味が持てるポイントを仕事の中に探すように心がけています。

 

後編