〔リバネスセンシズ〕地域の価値の最大化を目指すひと(前編)

〔リバネスセンシズ〕地域の価値の最大化を目指すひと(前編)

リバネスセンシズでは、リバネスメンバーのインタビューを通して、そのパッションを紐解き、実現しようとする個々の未来像をお伝えします。

百目木 幸枝(どめき ゆきえ)
修士(生命科学)

専門:環境応答統御、植物ホルモン

(聴き手:佐野 卓郎)

青森県出身の百目木 幸枝(どめき ゆきえ)さんは、入社当初から、地元青森や東北に対する愛着を抱いている。リバネスに入社して以来、地域のあり方、そこにおける教育や科学技術、産業のあり方などを日々考え続けてきた。今回は、そんな百目木さんに話を聞いてみた。

佐野:リバネスのことはどこで知りましたか?

百目木:私は北海道大学大学院でサイエンスコミュニケーションを学んでいたのですが、授業で「世の中には、サイエンスライターという仕事がある」という余談をしてくださった先生がいました。その話が心に残っていたんです。先生にサイエンスライターに興味があると伝えると、リバネスの存在を教えてくださいました。
実はリバネスのことはテレビで見て、既に知っていたんです。でも、私には縁遠い会社だと思っていました。

佐野:じゃあ、何がきっかけでリバネスにコンタクトしたんでしょうか?

百目木:修士1年の秋頃、北海道大学で行われた講演会で偶然丸さんに会ったんです。私はそこで、サイエンスコミュニケーション活動の一環で制作した、細胞の分化に関する絵本を丸さんに見せました。すると丸さんは、「興味ある人に配れたのか」「お金は稼げたのか」と聞くんです。学生の活動でしたから、そんな綿密なことは考えていませんでした。「自分だったら、もっとその予算を有効にできるのに」と勿体なさそうに言っているのを聞いて、正直「何言ってるんだ」って。一生懸命つくったものだし、いい気分もしませんよね(笑)。
でも、よく考えてみれば、サイエンスコミュニケーションをビジネスにするということは、確かにそういうことなんです。

佐野:それでリバネスのインターンシップに参加しようと?

百目木:はい。でも北海道から東京までは通えません。ですから、丸さんと相談をして、私を含む3人でリバネスの北海道事業所を立ち上げることにしました。そして実験教室などを北海道内で展開し始めたのです。

佐野:大分思い切ったことをしましたね。でも、きっとサイエンスコミュニケーションに強い情熱があったということでしょう。

百目木:その後、修士2年になり就活する中で、おかしなことに気がついたんです。
大学院では、サイエンスコミュニケーションは社会的にとても重要で、科学技術で未来を創出していくためには必要なスキルだと教わってきました。でも、そんな仕事は(リバネス以外に)1つもなかったんです。民間企業が時代に付いてきていなかったのかもしれません。

佐野:それで、リバネスに入社するしかないと思ったんですね。

百目木:いえ、実はその時点では、リバネスに入社するという踏ん切りがついておらず、地元青森の新聞社で働こうと思っていました。私は青森のことが好きで、地元地域の活性化をしたいという想いを持っていました。
しかし、丸さんと話をしていく中で、「ニュースを発信するだけでは活性化しない。ニュースを起こしていく仕事をするべきだ」と思い直したのです。普通の企業じゃないベンチャーなんかやめろという周囲の声も顧みず、リバネスに入社することを決めました。
そして、修士論文の提出日。東日本大震災が起きました。「地元のために」とか口では言っているくせに、自分は今北海道にいるし、まったくの無力でした。早くリバネスに入って成長して、地元に貢献できる人間になろうと改めて心に決めました。

 

後編

Pocket
LINEで送る