〔リバネスセンシズ〕地域の価値の最大化を目指すひと(後編)

〔リバネスセンシズ〕地域の価値の最大化を目指すひと(後編)

リバネスセンシズでは、リバネスメンバーのインタビューを通して、そのパッションを紐解き、実現しようとする個々の未来像をお伝えします。

百目木 幸枝(どめき ゆきえ)
修士(生命科学)

専門:環境応答統御、植物ホルモン

(聴き手:佐野 卓郎)

→前編はこちら

佐野:入社してからはどんな仕事をしましたか?

百目木:小学生向けロボット教室「ロボティクス研究所」の立ち上げや、多くの企業とタッグを組んだ実験教室プロジェクトに関わりました。

佐野:仕事をしてみてどうでしたか?

百目木:もともと教育には興味がありました。教員免許も持っていますし、今でも時々、農業高校の先生になりたいと思うことがあります。地域を変えていくのに、教育は時間がかかりますが、重要な一手になると考えていますから。

佐野:学校と企業とリバネスで、チームを組んで新しい教育の形をつくり出すような仕事は、結構難しかったのではないでしょうか?

百目木:陸前高田に出向いて、「大実験教室展」と称して地元の小学校を貸し切り、多くの企業とともに様々な実験教室を教室ごとに展開するイベントをやったことがあります。入社まもなくの私には、自分の力不足をすごく感じる企画でもあったんですけどね。学校だけでは完結しない「学び」のあり方に大きな可能性を感じることもできました。企業の技術や現状の課題もしっかりと教育に還元していくのは、社会の発展には重要だと思います。
一方で、様々な学校を訪ね歩いていると、課題を感じることもあります。もちろん学校や先生によるのですが、意外と企業との連携を拒む学校もあるんです。実際に、名刺を持たない学校の先生も多いですし、まだまだ学校と企業の間には距離があるんだなと感じました。

佐野:仕事をするうえでの工夫や、気をつけている部分について教えて下さい。

百目木:パートナー企業の商品やサービスを体験してみるようにしています。なんか営業マンぽいですけどね(笑)。でも、それってすごく大切だと思うんです。

リバネスに関わるパートナー企業の多くが、技術を持ち、そこで働く方は理念を持って取り組んでいます。サービスや商品には、そういった企業のこだわりや姿勢が少なからず現れています。私自身も、そんなパートナー企業と一緒に仕事をするのであれば、その商品・サービスを使いながら色々と考えようと思うのです。

佐野:ほかに、心に残った仕事はありますか?

百目木:入社してから数年が経ち、大阪事業所に異動することになりました。私はそこで、すでに東京や東北、関西圏でも実施した実績のある、小学生のための「理科の王国」を枚方で実施しました。大実験教室展と同様に学校を貸し切り、多くの企業が各教室で実験教室をやるような企画です。地元の子供たちが地元の産業を知る機会になる。地元を誇れるようになったったり、好きになったり。やがて郷土愛みたいなものが育くまれるのではないだろうか、それが地域の未来を創っていくのではないかと思いました。結果も非常によかったと思います。

佐野:今後はどのようなことを仕掛けたいですか?

百目木:私は東北出身です。震災のこともありますし、ぜひ東北の活性化に資するような活動がしたいと考えていました。でも、いつの間にか「東北を活性化することは本当によいのか。あんなに豊かなところなのに。東京の感覚で進めてよいのだろうか。」と疑問を感じるようになっていました。本当の豊かさを失うことになるような発展は望みたくない。
そんなある日、行政の方から、地域の産業を興していかなければならないという話を伺いました。なぜそう思うのかと尋ねると、「豊かさにかまけて何もしないでいると、やがて次世代にしわ寄せがいく。大変ではあるけれど、地域の産業もしっかりと活性化して、未来に引き継げるようにする必要がある」というのです。私には無かった視点でした。

佐野:そうすると、やはり東北の活性化をしていこうと考えているのですね。

百目木:はい。東北だけではないですけどね。地域の活性化をしていきたいと考えています。ただし、地域の活性化というのは、結局、地域が良くなっていく過程において活性がある状態だと考えています。つまり「活性化する」というゴールはないように思うんです。数学に例えると、y=ax+bという直線の方程式において傾き:aをプラス方向に大きくすることが「活性化した状態」というイメージです。
何もせずに惰性で作られる未来は、イメージもしやすいでしょうが、きっと今より良くなることはないと思います。これが傾き(a)がマイナスの状態。まだ見ぬ未来を大きな旗に描いて掲げること、そして、そこに向けて力一杯に動き出すことで傾き(a)は正の方向に大きくなっていくと思います。
今の私には、地域の活性を高めることで、地域の価値を最大化するという目標ができました。

 

※ その後2019年5月、百目木さんは北海道に向かった。地域産業の要でもある農業を志すためである。百目木さんの新たな挑戦が始まった。