実は、イチゴは摘んだ瞬間から劣化する!

実は、イチゴは摘んだ瞬間から劣化する!

こんばんは、毎度おなじみ齊藤です。

今回取り上げるのは、第一回Techplanグランプリで最終選考会に進み、みごとにシードアクセラレーションプログラム「Tech Planter」に参加したichigoさんです。

ichigoさんは宇都宮大学農学部柏嵜先生のチームです。一体どんなものを開発しているかというと、ずばり!イチゴの容器です!

え?イチゴの容器?
別にいらないんじゃあ、、、

と思いましたか?

実は、イチゴは摘んだ瞬間から劣化が始まるんですねー。知ってましたか?
さらに、輸送時に接触や風化によって劣化が加速します。
もっと美味しいイチゴを家庭に!摘みたてのイチゴを世界に届けたい。そんな思いがつまった容器なんですね。

iChigo

この容器をTech Planterでは事業化をハンズオン支援でサポートしてます!
現在はリバネスのメンターとメンタリングしたり、メンターのネットワークを利用して、事業化、販路を全力で支援してます。

それに続けではないですが、宇都宮大学のベンチャー企業を促進するために7月25日(金)宇都宮大学にて講演も決まりました!Tech Planterのシードアクセラレーションプログラムの説明やものづくりへかける熱い想いをお伝えます。

興味があるかたは是非お越しください。
お問い合わせは[email protected]まで。

そうそう、宇都宮大学のある栃木はとちおとめやスカイベリーの生産で有名ですよね。それを世界に届け、世界中の人がとちおとめを愛するそんな日も近いかもしれませんよ。

みなさんも、夢にチャレンジしませんか?
シードアクセラレーションプログラムに応募したい方はこちら