人材応援プロジェクト

本プロジェクトの主要ミッション

研究者のキャリア形成と、社会への実装力の育成を支援します。

現在進行形で科学技術の発展に尽力しているのが、大学や企業などで研究に従事している人々です。その研究者自身の進化が、科学技術の進歩にも直結することは間違いありません。しかし日本では「ポスドク問題」に代表されるように、特に大学に所属する若手研究者は決して恵まれた環境に置かれているとはいえません。

リバネスでは、そうした若手研究者のより良いキャリア形成を支援するために、科学に関するコミュニケーション能力を育成する<サイエンスブリッジリーダー育成プログラム>や、研究者と企業が互いに「未来の仲間を集める」ことを目的とする<キャリアディスカバリーフォーラム>などを実施してきました。そして、これらの活動を積み重ねる中で、実はこうした取り組みはステージや所属が異なる研究者にとっても、それぞれの状況に応じた成長を促すことが明らかになってきました。

また、人材育成の取り組みにおいては、支援される側だけでなく、支援する側も大きく成長することができるという双方向の効果があります。それはあたかも、事業開発におけるオープンイノベーションのような関係性だと私たちは考えました。こうした経緯によって立ち上がったのが、「分野の枠を取り払い、異分野の人を応援することで自らも成長する仕組み」をベースとする、リバネスの人材応援プロジェクトです。

ここでの異分野とは、単に職種や業種が異なる、ということだけにはとどまりません。子どもと大人、学生と社会人、大学と企業、ベンチャーと大企業など、世代や立場や社会における役割の異なりもまた「異分野」であり、その両者の交流からは、必ず新しい発見が生まれるものです。リバネスはこれからも、応援する人と応援される人が共に成長する「共育」としての人材育成を支援していきます。

主要パートナー企業

メディア

企業の人材育成・採用担当者向けに季刊発行している雑誌です。「人材育成の新しい考え方をオープンにし、人材育成にイノベーションを起こすこと」をミッションに、「人を育て、自分が育つ」という双方向の人材育成に焦点を当てています。
詳しく見る