ホーム プレスリリース KAIKA Awards ...

KAIKA Awards 2015 (日本能率協会)にて初代大賞を受賞

1011
0
シェア

KAIKA Awards 2015 (日本能率協会) にて初代大賞を受賞

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長COO:高橋修一郎)は、一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)が実施する表彰制度「KAIKA Awards 2015」にて、初代「大賞」を受賞したことをお知らせいたします。

この表彰制度は、社会価値を生み出す持続的な経営・組織・人づくりを行っている取り組みを称える制度であり、「KAIKA大賞」は賞の創設後初めての贈賞決定となりました。

このたびの大賞受賞では、リバネスが創立時から継続している出前実験教室事業に加え、社員全員が研究者であるという資産を活かした教育応援・研究応援・創業応援の3つのプロジェクトからなるプラットフォームを構築し、事業性と社会性を両立していることを評価いただきました。今回の受賞を誇りに思うと共に、今後も全国の学校・大学・企業の皆様とさらなる知識プラットフォームの発展に貢献して参ります。

日本能率協会のウェブサイトはこちら

 

受賞内容

受賞テーマ:「科学技術の発展と地球貢献を実現する~知のプラットフォーム型ベンチャー企業 株式会社リバネス〜」

株式会社リバネスは「科学技術の発展と地球貢献を実現する」という理念のもと、「科学技術をわかりやすく伝える」を強みにビジネスを展開する研究者集団です。大学や研究機関から生まれる世界を一歩進める科学技術を、社会に橋渡しするため、教育や人材育成、技術移転、地域開発等の多様な事業を13年間展開しています。

 

当社ではこうした社会的価値を持った事業を拡大し持続可能なものにするため、新規事業の創出にあたり、個人のパッションや課題意識を尊重した「QPMI」というイノベーションサイクルを活用しています。また、新しい知識を生み出す源泉として全国の学校現場と研究者を「知識プラットフォーム」として位置付け、全国の学校・大学とそれぞれを応援する200社の企業を巻き込んで事業を推進しています。

 

近日開催のイベントのお知らせ

1. 教育CSRシンポジウム

企業による教育CSR活動は今、教育界においてどのように位置づけられ、また求められるのかを、同活動を実践する企業や学校の先生方等とともに考えるシンポジウムです。また、子供たちに夢を与え、未来を共に考える科学教育プログラムを実践する企業を表彰する「教育応援グランプリ」ファイナリストたちによるプレゼンテーションとグランプリ企業の選出・表彰も同時開催致します。

教育CSRシンポジウム
教育応援グランプリ最終選考会〜子どもとの研究開発体験が企業の未来を創る〜

https://lne.st/pf/tceer/edu-gp2015/

■開催日:2015年12月19日(土)14時00分〜17時00分
■会場:TEPIA先端技術館 TEPIAホール
■住所:〒107-0061 東京都港区北青山2丁目8−44
■アクセス:東京メトロ銀座線 外苑前駅3番出口から徒歩4分(http://go.lne.st/e/66312/2015-11-17/4gxbcj/98350203tepia.jp/access
■対象:企業担当者(CSR、広報、社会貢献、コーポレートコミュニケーション、人事、経営等)、教育関係者
■定員:140名
■参加費:イベント参加費無料

[スケジュール]
14時00分〜 開会あいさつ
14時05分〜 講演 株式会社リバネス 丸幸弘「企業発展のカギは、すべて子どもがにぎっている〜未来マーケティングの発想法『QPMIサイクル』〜」
14時30分〜 教育応援グランプリ ファイナリストによるプレゼンテーション
16時00分〜 休憩・企業ブース準備
16時10分〜 教育応援グランプリ ブース展示
16時45分〜 教育応援グランプリ表彰式
17時00分  閉会のことば

詳細・お申し込みはこちらから

 

2. 中高生のための学会サイエンスキャッスル

中高生のための学会として、2012年より開催しています。本年は東北・東京・大阪の3カ所で開催を予定しており、合計102校192件の高校生による研究発表が行われます。当社スタッフのほか、大学や企業の研究者が加わり、熱気溢れるディスカッションが展開されます。

http://s-castle.com/

東北大会

■テーマ:社会に根を張る先端研究
■日時: 2015年12月6日(日) 09:00~17:00 (開場 8:30)
■場所: 東北大学・カタールサイエンスキャンパスホール(仙台市青葉区)

関東大会

■テーマ:科学と技術が創りだす未来
■日時: 2015年12月20日(日) 10:00~17:00 (開場 9:30)
■場所: TEPIA先端技術館(東京都港区)

関西大会

■テーマ:身近にあふれる課題研究の種
■日時: 2015年12月23日(火・祝)09:30~17:30 (開場 9:00)
■場所: 大阪明星中学校高等学校(大阪市天王寺区)

各大会詳細・見学申込みはこちらから

Pocket
LINEで送る

シェア
前の記事町工場と真剣ものづくりベンチャーを巡る「Garage Sumidaバスツアー&大交流会」開催(11/28)
次の記事教育CSRシンポジウム・教育応援グランプリ最終審査会
I am Nami Akinaga. I studied bachelor degree in Physics, and then received master degree in Sustainability Science at the University of Tokyo. Previously I joined the UNESCO World Conference on ESD in 2014 (in Japan), ASEAN YOUNG LEADERS SUMMIT in 2015 (in Malaysia) as a Japanese delegate. My mission is “Maximizing the Value of Diversity”. In Leave a Nest, I have been committing to creating platform for scientists and the next generation leaders to generate knowledge beyond field, country and cultural borders. I believe that the country Malaysia has a full potential of “diversity” in many ways. Leave a Nest as Science Bridge communicators together with Malaysia, we can combine different values and knowledges to create vision towards the better future.

コメントを残す