ホーム プレスリリース 熊本県・(株)肥後銀行・国...

熊本県・(株)肥後銀行・国立大学法人熊本大学・(一社)熊本県工業連合会・(株)リバネスが「次世代ベンチャーの発掘・育成に向けた連携協定」を締結

2284
4
シェア

熊本県(知事:蒲島 郁夫)、株式会社肥後銀行(代表取締役頭取:甲斐 隆博)、国立大学法人熊本大学(学長:原田 信志)、一般社団法人熊本県工業連合会(代表理事・会長:足立 國功)及び株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:丸 幸弘)は、熊本県における次世代ベンチャーの発掘と育成に向けた連携協定を締結し、平成28年2月9日(火)11時から熊本県庁にて締結式を行いました。

リバネスは、株式会社ユーグレナを始め、株式会社未来機械、株式会社人機一体、4Dセンサー株式会社等の発掘・育成に努めてきた実績をもとに、地域の産業創出に資するベンチャー、第二創業ベンチャーの発掘・育成に取り組みます。

1. 概要
これまで、熊本県、肥後銀行、熊本大学及び熊本県工業連合会は、県内における「産・官・学・金」連携の促進等に取り組んできましたが、今後さらに取り組みを強化すべく、連携して大学・企業・開発者等の次世代技術を発掘しベンチャーを創出・育成するプラットフォームの構築と運営を開始します。
これにあたり、ものづくり・バイオ・アグリ分野における先端技術のベンチャー発掘・支援を行うシードアクセラレーションプログラム「TECH PLANTER」を運営するリバネスを連携先とする運びとなりました。リバネスは、これまでに培ったものづくり・バイオ・アグリ分野の技術に対する目利き力や運営ノウハウを提供し、プラットフォームの構築とその運営に協力します。

平成28年度より、熊本県において新たな産業を創出しうる大学等研究機関や企業等から、アグリ・バイオ等の自然共生型産業などをはじめとした次世代技術の発掘、創業支援やハンズオン支援を行い、将来的にはグローバルに活躍するメガベンチャーを創出し、熊本県内での新産業創出、雇用促進に繋げることを目指します。

2. 連携による主な取組み
5者で創業支援プラットフォーム(仮称)を構築し共同で運営します。
<支援プラットフォームの機能>
(1)大学等研究機関や企業等からの次世代技術の発掘及び育成
(2)次世代ベンチャーコンテストの開催
(3)パートナー企業の発掘及びマッチング など

3. 協定締結者
熊本県 熊本県知事 蒲島 郁夫(かばしま いくお)
株式会社肥後銀行 代表取締役頭取 甲斐 隆博(かい たかひろ)
国立大学法人熊本大学 学長 原田 信志(はらだ しんじ)
一般社団法人熊本県工業連合会 代表理事・会長 足立 國功(あだち くにのり)
株式会社リバネス 代表取締役CEO 丸 幸弘(まる ゆきひろ)

4. 問い合わせ先
熊本県:企画振興部企画課戦略推進班 森山・塚本 TEL096-333-2019
株式会社肥後銀行:地域振興部地方創生戦略室 竹下(省吾) TEL096-326-8609
国立大学法人熊本大学:イノベーション推進機構 橋本 TEL096-342-3966
マーケティング推進部 北村 TEL096-342-2039
一般社団法人熊本県工業連合会:事務局 小野上 TEL096-285-8131
株式会社リバネス:地域開発事業部 塚田 TEL03-5227-4198

Pocket
LINEで送る

4 コメント

コメントを残す