ホーム プレスリリース 定期刊行冊子2016年3月...

定期刊行冊子2016年3月号 発刊しました

353
0
シェア

リバネスの定期刊行冊子2016年3月号が発刊されました。各雑誌の特徴と見所は次の通りです。

中高生のためのキャリア・サイエンス入門

『someone』vol.35

対象:中・高校生 仕様:B5判, 32頁

研究をするとどんなキャリアがあるのか、その先の未来も一緒に伝えていきたいという思いから、「中高生のためのキャリア・サイエンス入門」とキャッチフレーズを新たにしました。それに伴い、新コーナー「私のみらい創生記」をスタート。大学や企業の枠から飛び出して、夢見た新しい世界をつくるべく動き出している研究者を紹介します。特集では、宇宙で最初にできた原子「水素」を使った完全クリーンエネルギー社会について、HONDAの社員・技術者の方へのインタビューを通じて紹介します。水素エネルギーがもつ可能性、そして水素社会を実現するためのさまざまな最先端技術を取り上げています。

9784907375737

 

中高生・先生の研究活動を大学・企業で支援する

『教育応援』vol.29

対象:中・高校教員(理科) 仕様:A4変型判, 32頁

特集のテーマは「いま生徒に必要な経験、変わる教員の役割」です。「生徒が研究活動できるかわからない」「研究を進めることができるか不安」といった心配や不安を感じられている先生方に向けて、生徒がもっている可能性に注目するとともに、教師の生徒との関わり方を取り上げました。社会人の学びを研究する東京大学の中原淳先生が、中高生の教育について語ったインタビュー記事も必見です。また、昨年12月に実施しました、中高生のための学会「サイエンスキャッスル」の実施報告では、中高生の熱い気持ちのこもった研究成果をご紹介しています。今号も、HONDAの教育応援助成金、Pascoのゆめちから栽培中!、コニカミノルタの学校募集、TEPIAのロボット開発者むけ助成事業、千葉大学の実施報告など、企業・大学と連携した教育プロジェクトが満載です。ぜひご覧ください。

9784907375744

 

学部・院生のための研究キャリア・就活情報誌

『incu・be』vol.33

対象:理系大学生・院生 仕様:A4判, 32頁

これまで博士採用をしていなかった企業が新たに採用枠を設置するなど、最近、博士への注目度がかつてなかったほど高まっています。それはなぜなのでしょうか? 社会は、博士に何を期待しているのでしょう。そこで、文部科学省で「博士課程教育リーディングプログラム」の事業設計を担当した竹上直也さんに、このプログラムからどんな博士人材に羽ばたいてほしいのかうかがってきました。また、実際に企業で活躍している博士号取得者にも取材。現在はヤフー株式会社で部長を務める小野真吾さんは、どういった視点で自分の活躍の場を選んだのでしょうか。博士を目指している方や博士号取得者、ポスドクの方、ぜひ、「博士とは?」を考えながらお読みいただければと思います。

9784907375751

 

研究者の研究・開発・技術移転を企業と加速する

『研究応援』vol.01【新装刊】

対象:理・工・医・歯・薬・農学系の研究者 仕様:A4変型判, 56頁

これまでバイオ・アグリ・エンジニアリングと分野別に発刊していた「GARAGE」シリーズ3誌を統合し、『研究応援』として生まれ変わりました。本誌のミッションは、皆様の研究をより加速することにあります。最新の研究内容や解析機器、新たなプラットフォームのご紹介等を通じて、アカデミアと企業のコラボレーションを促します。巻頭特集「物理、化学、情報科学とのコラボレーションで進化する生体のイメージング」では、分野にとらわれないアプローチによって研究が推し進められている生体イメージング領域の現状をご紹介します。EVENT INFORMATIONでも取り上げた第5回超異分野学会でも関連テーマのセッションを開催予定です。奮ってご参加ください。

9784907375768

 

大企業の新規事業をベンチャー・大学と創出する

『創業応援』vol.01【創刊】

対象:企業の新規事業担当者 仕様:A4変型判, 32頁

本誌の創刊アイデアは、ベンチャー企業であるリバネスが、さまざまな大企業との共通の話題「新しいことを興す」ことに関して意見交換をする過程で生まれてきました。本誌では、リアルテック分野に特化し、テクノロジー✕創業の分野における大企業のリーダー、投資家、起業家、その他「革命家」を取り上げていきたいと考えています。「ITの発展で、創業に関するコストは飛躍的に下がった」と言われますがロボティクス、医療、ヘルスケア、農業、食、教育、エネルギー、素材など物理的な開発要素を伴う、リアルテック分野では依然として創業のハードルは高く、困難が山積みです。しかし、読むことで「よし、新しいことをやってみよう!」と思える、そのような雑誌を目指していきます。末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

9784907375775

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す