”リバネスが、農林水産省の「平成28年度農業経営におけるデータ利用に係る調査委託事業」に採択されました”

”リバネスが、農林水産省の「平成28年度農業経営におけるデータ利用に係る調査委託事業」に採択されました”

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:丸幸弘、以下リバネス)は、農林水産省の「平成28年度農業経営におけるデータ利用に係る調査委託事業」に、事業者として採択されました。

【背景】

情報通信技術が急速に発展する中で、 農業経営においてもスマートフォン、タブレットや各種センサー等によりデータを収集・利用する取組が進んでいます。しかし、こうしたデータを農業者が自らの経営改善や生産性向上に活用できていないケースも多く、農業現場へのIT導入による効果が十分に発揮されているとは言えない状況にあります。このため、このような農業経営におけるITシステムの利用状況を分析するとともに、効果的なデータ活用方法の普及を図ることを目的として本事業を実施します。

リバネスでは店舗併設型の植物工場の導入支援や、食品残さの発酵飼料を活用したブランド豚“福幸豚”の開発など先進的な農業に以前から力を入れて参りました。さらに、中高生を巻き込んだ栽培研究、国産小麦のゆめちからプロジェクト、宇宙大豆プロジェクトなど、次世代の農業への関心を高めるプログラムも長年にわたり続けて参りました。

今回採択された事業を通して、日本の農業者にとってより使いやすい農業ICTシステムの形について提言するだけでなく、その実現に向けて挑戦して参ります。


平成28年度農業経営におけるデータ利用に係る調査委託事業概要

本事業においては、農業経営向けITシステムの利用状況の調査・分析を踏まえて、ITシステムを利用する農業者の目的(経営の改善、生産性向上、信用力向上など)や取組のレベルに応じて、収集すべきデータやその効果的な活用方法等についての基本的な仕様を検討します。そのために、農業経営者、金融機関、データ処理の専門家、IT関連企業で構成される検討委員会を開催します。また、Iot、AI等の先端技術を活用したシステムの仕様を検討するため専門の研究者を集めた委員会も開催し、未来型農業ITシステムの仕様を作り、データを活用した農業の理解促進のためのパンフレットを作成します。