ホーム プレスリリース リバネスと農地モニタリング...

リバネスと農地モニタリングデバイスの Kakaxi社が農業データ事業で業務提携 10月12日より「KAKAXI」デバイスの先行予約を開始

912
0
シェア

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役:丸幸弘)と、リバネスアメリカの出資先であるKakaxi, Inc.(本社:カルフォルニア州キャンベル市、CEO:大塚泰造)は、2016年11月より、農業生産の向上に寄与する各種データをより安価に取得することができる農地モニタリングデバイス「KAKAXI」の販売を開始します。Kakaxi社がアメリカでデバイスの研究開発・製品化を行い、リバネスが日本の総代理店として農業生産法人や自治体、大学等への導入を行います。

販売に先立ち、10月12日より開催される第3回 国際次世代農業EXPOにて実機の展示および限定200台のモニター予約販売を行います。

 

Kakaxi社は、一次産業を情報産業に変えることを目指し、アメリカにて農地モニタリングデバイスの開発、提供を行っています。このたび製品化を実現した「KAKAXI」は、太陽光稼働で内蔵されたカメラが定期的に農場を撮影し、同時に温度・湿度・日射量・雨量を測定します。カメラ内蔵型の農地モニタリングデバイスとしては世界最小サイズとなります。計測データはデバイスに内蔵された3G通信で、クラウドにアップされウェブ経由で閲覧が可能です。今後もオプション機能でECセンサや土壌水分量センサ、樹液流量センサを取り付け、取得可能なデータを拡充し、農業のIoT化をはかることで、さらなる農業生産の向上に寄与してまいります。

 

リバネスでは、科学・技術を活かした新たな事業の創造を目指すベンチャーの発掘・育成を行うシードアクセラレーションプログラム「TECH PLANTER」において、2014年度の最終選考会に進出したKakaxi社の開発支援を行っており、2015年7月には、子会社であるリバネスアメリカを通じてKakaxi社へ出資しました。このたび、「KAKAXI」の日本の総代理店を担うとともに、現場への導入支援や、生産性向上・作業効率化等の農業データを活用したサービスを展開し、農業のIoT化に努めてまいります。

 

2016年10月12日〜14日に幕張メッセで開催される第3回 国際次世代農業EXPOでは、初期費用0円、月額9,800円(税別)にてご利用いただけるモニターを募集いたします。限定200台となっておりますので、ぜひお早めにブースにお越しください。なお、ご来場いただけない際には、以下に直接お問い合わせください。

 

【問合せ先】
株式会社リバネス 地域開発事業部 宮内 陽介
TEL:03-5227-4198 FAX:03-5227-4199
E-mail:[email protected]

 

【第3回 国際次世代農業EXPO ブース概要】
会期:2016年10月12日[水]~14日[金] 10:00~18:00
※最終日14日(金)のみ17:00終了
会場:幕張メッセ
KAKAXIブース番号:No.6-14

 

リバネスでは、今後も「科学技術の発展と地球貢献を実現する」という理念のもと、共に情熱を持って世界を変えようとするベンチャー企業への出資および事業連携を通じて、人類を一歩前に進めるための研究開発・事業化を推進してまいります。

 

第3回 国際次世代農業EXPOについて
国際次世代農業EXPOは、IT農業、ソーラーシェアリング、6次産業化、植物工場など、農業を強くするための次世代の技術や製品が一堂に集まる展示会です。
会期:2016年10月12日[水]~14日[金] 10:00~18:00
※最終日の14日(金)のみ17:00終了
会場:幕張メッセ (千葉県千葉市美浜区中瀬2−1)
KAKAXIブース番号:No.6-14

 

株式会社リバネスについて
2002年6月14日設立。資本金6,000万円。代表取締役CEO丸幸弘。スタッフ数50名。研究開発事業、教育開発事業、人材開発事業、地域開発事業、国際開発事業、戦略開発事業の6つの事業を展開している。2016年5月アグリガレージ研究所を設立、藻類や植物の可能性の探索と有効利用、農林水産と食・栄養に資するものなどに特化した研究を実施している。https://lne.st/

 

Kakaxi, Inc.について
2014年12月設立。資本金860,000USD。CEO 大塚泰造。アメリカ合衆国にて農地モニタリングデバイス「KAKAXI」の開発、提供。2015年4月11日にKickstarterにて34,119USD達成。http://kakaxi.jp/

 

ー本件に関するお問い合わせ先ー
株式会社リバネス 地域開発事業部 宮内 陽介
TEL:03-5227-4198 FAX:03-5227-4199
E-mail:[email protected]

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

シェア
前の記事KUMAMOTO TECH PLANTER Meet upを実施しました
次の記事【実施報告】9/13(火)初芝立命館高校でサイエンスクエストを実施しました
宮内 陽介/Yosuke Miyauchi 地域開発事業部 千葉大学大学院園芸学研究科環境園芸学専攻修了 博士(農学) 大学の修士、博士課程では、「中国乾燥地におけるダイズの多収栽培技術開発」という研究課題のもと、新疆ウイグル自治区に赴き現地の中国人研究者ともに栽培技術の確立を行った。現在は、自身の研究経験を活かし、全国の小中高校生と宇宙ダイズの比較栽培研究や国産の超強力コムギゆめちからを中学校・高校のプランターで行う研究を行っている。

コメントを残す