ホーム プレスリリース 11/3 超異分野学会シン...

11/3 超異分野学会シンポジウム@北海道2016にてリバネス取締役副社長CTO井上浄が基調講演を行いました。

176
0
シェア

リバネスが毎年開催している超異分野学会では、そのパッションを全国に発信するべく、超異分野学会シンポジウムの開催を始めました。

第一弾として、2016年11月3日(木)、リバネス取締役副社長CTOの井上浄が、超異分野学会シンポジウム@北海道2016にて『知識のコア融合による超異分野反応系の確立に向けて』というテーマで基調講演を行いました。学生や研究員のみならず、様々な業種の方がこの新しいチャレンジに参加し、お互いの熱を共有しました。

超異分野学会シンポジウム@北海道2016は、オープン&シームレスをテーマに文理・学生社会人・業界職種の垣根を超えて『研究者・専門家=“尖った”人』たちが集まるシンポジウムです。異分野との出会いから何が起きるのか、何を起こせるのか。背景知識を異にする研究者や専門家が対話を通してお互いを理解し、未来に向けたビジョンと実施計画を創造、世界に向け発信するために実施されました。

基調講演で井上は、研究者として自身のキャリアや研究に対する考え方について伝えるとともに、知識のコア融合とは、自分の研究に熱を持って取り組み、新事実を追い求めるマインドがコアであり、そのコアが融合する場が超異分野学会である、と熱を持って語りました。最後に、『知識とは、情報と違い(個人の)意志がある』というメッセージとともに締めくくりました。

dsc_216411月21日(月)に熊本大学にて第二弾を開催します。テーマは「世界を変える研究者とは何か?を考えよう!〜超異分野学会シンポジウム@熊本〜」。対象の学生、院生、ポスドクの方はぜひご参加下さい。

 

<開催概要>
[email protected]
日程:2016年11月3日(木・祝)10:30-17:30
会場:北海道大学 遠友学舎
(〒001-0018 北海道札幌市北区北18条西7丁目)
参加費:無料
主催:伊藤正樹(北海道大学大学院総合科学院)
大会テーマ:オープン&シームレス
http://choibunya-hokkaido.info/TOP.html

 

超異分野学会シンポジウム@熊本
世界を変える研究者とは何か?を考えよう!
日程:2016年11月21日(月)18:30-
会場:熊大インキュベーションラボラトリー1F
対象:学部生、院生、ポスドク
参加費:無料、懇親会3,000円

 

超異分野学会
関東大会
日時:2017年3月2日(木)〜3月3日(金)
場所:秋葉原UDX
(〒101-0021 東京都千代田区外神田4−14−1)
主催:株式会社リバネス
大会テーマ:知のるつぼ

関西大会
日時:2017年3月11日(土)〜3月12日(日)
場所:立命館大学大阪いばらきキャンパス
(〒567-8570 大阪府茨木市 岩倉町2-150)
主催:株式会社リバネス 共催:立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科
大会テーマ:地の知と結ぶ
https://r.lne.st/choibunya/

 

[email protected]問い合わせ
株式会社リバネス 地域開発事業部(担当:宮内)
TEL:03-5227-4198 MAIL:[email protected]

Pocket
LINEで送る

シェア
前の記事当社執行役員CKOの長谷川がANA「WonderFLY DISCOVERY EVENT」にてゲスト出演します
次の記事11/5-6 すみだサイエンスパーク2016を実施します
宮内 陽介/Yosuke Miyauchi 地域開発事業部 千葉大学大学院園芸学研究科環境園芸学専攻修了 博士(農学) 大学の修士、博士課程では、「中国乾燥地におけるダイズの多収栽培技術開発」という研究課題のもと、新疆ウイグル自治区に赴き現地の中国人研究者ともに栽培技術の確立を行った。現在は、自身の研究経験を活かし、全国の小中高校生と宇宙ダイズの比較栽培研究や国産の超強力コムギゆめちからを中学校・高校のプランターで行う研究を行っている。

コメントを残す