ホーム プレスリリース 11月12日(土)実践女子...

11月12日(土)実践女子学園中学校・高等学校で3Dプリンターを使った実験教室を実施します

80
0
シェア

 

%ef%bc%93d

いつでもすぐに、自分の思い描いたものをリアルな立体物に変換することができる3Dプリンター。今回は、この3Dプリンターを使って、身の回りの課題を解決していく実験教室を行います。

 生徒は、教室内で課題を見つけるところからから始め、それに対して、どのようなものがあったら便利か、班でチームになり、アイディア出しを行います。例えば、黒板のまわりだけを見渡しても、短くなったチョークは持ちづらい、チョークの置き場が粉だらけになって手が汚れるなど、実は不便なことがたくさんあります。それに対し、「こういう形のものがあったらより良くなるのではないか」と「仮説」を立て、その後、実際に立体物を設計、3Dプリンタで出力したものを使って「実証」してみます。最後は一連の流れをまとめて発表を行います。

 本教室の特徴は、3Dプリンターでものを作り出すことを目的としているのではなく、3Dプリンターを課題解決のためのツールとみなしている点です。3Dプリンタの最大の特長である「自分の思い描いたものをすぐに立体物として作り出せる」という点を最大限に活用し、自ら設定した課題に対するソリューションがその時間中に手に入るという、新しいものづくり教育プログラムです。

 また、リバネス講師のメッセージ「まず考えを発信することからはじめよう」をもとに、活動の最後には、自分の考えをきちんと仲間に発信する時間もとります。自分の考えを発信し、仲間と共有していくことの大切さ、議論してながらアイディアをふくらませていくところの楽しさを実感できる教室を実施します。

【概要】

日時:11月12日(土) 13時半〜17時半
場所:実践女子学園中学校・高等学校
対象:中学3年生28名
内容:3Dプリンターを使った実験教室

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社リバネス 
教育開発事業部
担当:花里
メールアドレス:[email protected]
TEL:03-5227-4198

本実験教室は教育応援プロジェクトの一環として実施しています
教育応援プロジェクトについて:https://lne.st/pf/tceer/

Pocket
LINEで送る

コメントを残す