ホーム イベント 12/3(土) リバネス・...

12/3(土) リバネス・グローバルブリッジ研究所所長の武田が、アジアパシフィックの研究開発型スタートアップエコシステムについて講演します

131
0
シェア

このたび、株式会社リバネス・グローバルブリッジ研究所(所長:武田隆太)は、12月3日(土)に開催される「第1回 JFAST(Japan Forum Asian Science and Technology) -アジアの科学技術イノベーションのための交流会」にて、アジアパシフィックの研究開発型スタートアップエコシステムについて講演します。

JFASTは、アジアのSTI(Science Technology Innovation)に関心のある方々が、専門分野の垣根を越えて交流するための会です。
武田は16:10から 「シンガポールはテクノロジーベンチャーの聖地になれるのか?―研究者が主体的に関わるベンチャー起業のかたち」というタイトルで、リバネスがシンガポールを中心に、アジアパシフィック各国の大学内アクセラレータ、政府機関、研究開発型スタートアップと行ってきた活動を総括します。

株式会社リバネスは、2016年5月に「グローバルブリッジ研究所」を設立しており、今後も、海外ベンチャーの日本進出を支援し、日本企業とマッチングしてくことによって双方のグローバル化を実現する「インバウンドグローバライゼーション」を促進してまいります。

《JFASTについて(HPより転載)》

  • 開催概要
  • 日時: 2016年12月3日(土) 開場14:30、講演会15:00~18:10、懇親会18:10~19:00
  • 会場: 日本橋ライフサイエンスビル2階会議室(先着120名)(東京都中央区日本橋本町2-3-11、URL: https://www.nihonbashi-lifescience.jp
  • 会費: 参加費無料、懇親会費1,000円(寄付の状況により下がる可能性があります)
  • 参加・ML登録: つぎの画面からご登録いただけます→ https://goo.gl/VNYGek

 

《講演》

タイトル:「シンガポールはテクノロジーベンチャーの聖地になれるのか?―研究者が主体的に関わるベンチャー起業のかたち」

《講師プロフィール》

武田 隆太

Ryuta Takeda  Ph.D.
グローバルブリッジ研究所 所長

国際基督教大学にて学士(教養学)を取得後、米国のオハイオ州立大学へ学位留学。植物に寄生する病原体の分子構造についての研究で、2011年にPh.D.取得後、株式会社リバネスへ入社。産学連携やリーダーシップ育成研修事業などを国内外で推進してきた。研究所では、リバネスの国際開発の事例を一般化することに挑戦する。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す