ホーム プレスリリース 100年生きる時代に、研究...

100年生きる時代に、研究者はどう働くのか? [email protected]/12 超異分野学会大阪フォーラム2017

66
0
シェア

 

株式会社リバネスが主催する超異分野学会 大阪フォーラム2017(2017年3月11日、12日@立命館大学大阪いばらきキャンパス)内で、人生100年時代の研究者のキャリアのあり方を考える「研究者たちのネクストステージ検討会」を開催いたします。

超異分野学会 大阪フォーラム2017 ウェブサイト:https://hic.lne.st/osaka2017/

3月12日に行われる研究者たちのネクストステージ検討会では、退官後に新たなキャリアを歩む研究者が登壇し、自身の経験を紹介していただきます。またリバネスの研究キャリアセンターが実施し、250名以上の研究者たちの意識調査の結果を紹介します。

次のキャリアを考える研究者の皆様や、研究者の力を活かして新たな価値を生み出したいと考える企業・自治体等の方など、幅広い方のご参加をお待ちしております。

参加申込みはこちら:https://hic.lne.st/osaka2017/#ticket

<研究者たちのネクストステージ検討会 開催概要>
■日時 :3月12日(日)10:30〜12:00
■対象 :大学の研究者、企業の研究開発・事業開発担当者、自治体の方など
■詳細 :https://hic.lne.st/osaka2017/#nextstage
■参加費:無料
■登壇者
大塚 尚武 氏 株式会社ミュー 代表取締役
中野 長久 氏 大阪府立大学大学院 地域連携研究機構 生物資源開発センター 客員教授・名誉教授
北岡 良雄 氏 大阪大学大学院 基礎工学研究科 物質創成専攻 物性物理工学領域 教授

<お問合せ>
株式会社リバネス (担当 磯貝)
TEL:06-6125-5622   E-mail:[email protected]

超異分野学会大阪フォーラム概要
■大会テーマ:地の知と結ぶ
■開催日時:
3月11日(土) 13:00〜19:30(17:30〜19:30 懇親会)
3月12日(日) 10:30〜17:30
■開催場所:立命館大学大阪いばらきキャンパス 立命館いばらきフューチャープラザ棟
■参加費:無料
■フォーラムURL:https://hic.lne.st/osaka2017/

■超異分野学会( https://hic.lne.st/ )とは
リバネスは創業した2002年より、リバネスのインターンシップに参加する学生や研究者が自分の研究に対する想いや、研究を通して解決したいと考えている課題について議論しあう『超異分野交流会』を毎年開催して参りました。2012年からは、産業界やアカデミアの研究者も参加し、より広い視点で議論を行なう『超異分野学会』へと発展して現在に至ります。

現在では、中学生・高校生から、アカデミアの研究者、技術者(町工場の技術者も含む)、ベンチャー企業の関係者、アクセラレーター、大企業の経営者・事業開発担当者まで、多様な分野・業種の人々が集まる会として毎年開催しております。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す