ホーム イベント リバネスが企画した夏休み特...

リバネスが企画した夏休み特別展『生き物から学ぼう!展〜自然に隠されたものづくりの宝を探せ!〜』を青森県立三沢航空科学館で7月15日から開催します。

114
0
シェア

昨年浜松科学館で好評に終わりました企画展『生き物から学ぼう!展自然に隠されたものづくりの宝を探せ!〜』が、2017年7月15日より青森県立三沢航空科学館にて開催されます。ペンギン型ロボットや、ハスの葉の原理を使った食品ケース、や人の手を模した義手など、近年実用化されはじめている「バイオミメティクス」をテーマにした企画展です。出来る限り技術の面白さを体験してもらえるようなコーナーが準備されていますので、是非三沢に遊びに来て下さい。

開催概要

私たちは自然界から様々なものを学び、生活にいかしてきました。近年、生き物が持つ仕組みを技術的に利用したり、そこから新しい技術を開発する「ネイチャーテクノロジー」や 「バイオミメティクス」が注目されています。自然は、「ものづくり」のヒントがいっぱい詰まった宝箱なのです。どんな生き物から、どのような技術が生み出されているのでしょう。
さぁ、みんなで新しいテクノロジーのハンティングに出かけてみましょう。

開催期間

2017年7月15日〜2017年9月24日9:30〜16:30 (最終入場 16:15)

開催場所

青森県立三沢航空科学館

〒033-0022

青森県三沢市三沢北山158

体制

主催:青森県立三沢航空科学館

企画:株式会社リバネス

協力:浜松科学館

後援:三沢市、三沢市教育委員会、三沢商工会、(一社)三沢観光協会、読売新聞、朝日新聞、奥羽日報社、デイリー東北新聞社、NHK、青森放送局、RAB(青森放送)、ATV(青森テレビ)、ABA(青森朝日放送)、MIT(岩手めんこいテレビ)、FM青森

協力団体:クラレファスニング株式会社、昭和飛行機工業株式会社、東海旅客鉄道株式会社、東洋アルミニウム株式会社、TRYBOTS、東レ株式会社、日本マリンペイント株式会社、株式会社メルティンMMI、三菱ケミカル株式会社、森永乳業株式会社、株式会社ライトニックス、株式会社LIXIL、立命館大学

昨年の実施例

浜松科学館ー生き物から学ぼう!展(2016年7月15日ー9月24日)

 

Pocket
LINEで送る

シェア
前の記事民間企業で唯一、科学技術振興機構の「ジュニアドクター育成塾」にリバネスの企画提案が採択されました。
次の記事【登録締切延長しました】残席わずか!注目企業30社が集まるCDF2017でキャリアを発見しよう
広島生まれ、流山育ち、横浜市都筑区在住。千葉県立東葛飾高校時代には、生徒会長・議長・合唱祭委員長・理科部無線班班長などいろいろ挑戦。科学が大好きで、小さい頃か科学実験や電子工作をしていました。ボーイスカウト富士賞、アマチュア無線2級。大学時代は東工大ScienceTechnoという科学イベントサークルを立ち上げ全国でイベントを実施。日本科学未来館ボランティア1期生で、様々な立ち上げを行う。東京工業大学ではナノマシンでもあるウイルスの構造の研究で修士号取得。現在は株式会社リバネスで教育開発事業を手がける。 国際宇宙ステーションに植物の種をうちあげて、子供達に調査してもらう宇宙教育プロジェクト、等身大のロボットバトルである日テレロボットバトル日本一決定戦、吉本興業とのおもろふしぎラボ、小学生の本格ロボット教室、TEPIA先端技術館などの企画を手がけています。 日本科学未来館のボランティアの立ち上げに関わった関係で、全国ミュージアムの方の知り合いが多い。

コメントを残す