ホーム イベント 7/15三沢航空科学館にて...

7/15三沢航空科学館にて「生き物から学ぼう!展」がスタートしました(9/24まで)

249
0
シェア

青森県立三沢航空科学館において「生き物から学ぼう!展〜自然に隠されものづくりの宝を探せ!」が7月15日にスタートしました。本展示は、昨年浜松科学館で15,000人の方が体験された企画で、「バイオミメティクス」をテーマに様々な最先端技術を体験できます。

初日の本日は、幼稚園くらいの小さい子からカップル、三沢ということもあり外国人のかたなど様々な方が来場いただきました。

入り口で宝の地図をみなさんにおわたしし、参加者には生き物からの「宝(ヒント)」を探し出す冒険者となってもらいます。

会場の中では、ペンギン型ロボット「もるペン」や、蛇型ロボット、魚型ロボット「魚太郎」など、生き物の動きをまねたロボットの体験をすることができます。

また、水を完全にはじいてしまう超はっ水シートを使ったヨーグルトのふたや傘を実感いただいたり、逆にカタツムリの殻の構造をまねて、水を非常によくとりこんで汚れをつけないタイルの紹介もしています。実際に水をたらしたとき、みんな結構びっくりする技術です!

青森県なため、青森にちなんだ「マグロ」の体表のヌルヌル成分を活用した塗料や、集団行動するアリの行動を観察する装置をつくり、群ロボット作りのヒントをえようと研究している八戸工業大学の技術の紹介もしています。

幼稚園くらいでも、親子でいろいろと体験できるような内容ですので、青森近隣の方は、ぜひ足をお運びください。

会場:三沢航空科学館

 

Pocket
LINEで送る

シェア
前の記事実践女子学園中学校でゲルマニウムラジオの実験教室を開催しました。
次の記事〔リバネスセンシズ〕距離を越えて研究の「熱」を伝える才女(後編)
藤田 大悟/Daigo Fujita 教育開発事業部 / リバネス教育総合研究センター センター長 広島生まれ、流山育ち、横浜市都筑区在住。千葉県立東葛飾高校時代には、生徒会長・議長・合唱祭委員長・理科部無線班班長などいろいろ挑戦。科学が大好きで、小さい頃か科学実験や電子工作をしていました。ボーイスカウト富士賞、アマチュア無線2級。大学時代は東工大ScienceTechnoという科学イベントサークルを立ち上げ全国でイベントを実施。日本科学未来館ボランティア1期生で、様々な立ち上げを行う。東京工業大学ではナノマシンでもあるウイルスの構造の研究で修士号取得。現在は株式会社リバネスで教育開発事業を手がける。 国際宇宙ステーションに植物の種をうちあげて、子供達に調査してもらう宇宙教育プロジェクト、等身大のロボットバトルである日テレロボットバトル日本一決定戦、吉本興業とのおもろふしぎラボ、小学生の本格ロボット教室、TEPIA先端技術館などの企画を手がけています。 日本科学未来館のボランティアの立ち上げに関わった関係で、全国ミュージアムの方の知り合いが多い。

コメントを残す