ホーム テックプランター TechPlanterニュース 国内最大の海洋技術系特化型...

国内最大の海洋技術系特化型アクセラレーションプログラム “第一回マリンテックグランプリ” デモデイを9月30日に実施

157
0
シェア

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:丸幸弘、以下「当社」)が主催するテックプランター事業において、海洋技術系に特化したデモデイである「マリンテックグランプリ」(主催:日本財団、株式会社リバネス)を2017年9月30日に開催いたします。

テックプランターは年間エントリー数131件(2017年)、継続支援企業数103社の実績を持つ、国内最大のテクノロジー特化型アクセラレーションプログラムです。現在までの総エントリー数430件、パートナー企業数は36社へと増加し、登録チームの資金調達額は当社調べで51億円を超えています。

なぜ海なのか

日本は国土面積の12倍を超える管轄海域を有しており、潮流エネルギーやメタンハイドレート等の新規エネルギー資源や鉱物資源、水産資源など豊富な海洋資源に囲まれています。一方で水産資源管理や、汚染やごみ問題など課題も多く、効率的な海洋資源調査・活用産業の創出が求められています。しかしながら、ITやバイオなどに比べ海洋関連に特化したベンチャー企業向けの支援はほとんどありませんでした。そこで、今回海洋技術系に特化したベンチャー発掘支援プログラム「マリンテックグランプリ」を開催する運びとなりました。

これまでの流れ

3月1日の募集開始から、7月14日の締切までに26件のエントリーがあり、書類審査を実施。8月上旬には12件のファイナリストが決定し、デモデーに向けたビジネスプランおよびプレゼンテーションのブラッシュアップを行って参りました。当日はリバネスおよびダイヤモンドパートナー企業のエグゼクティブが審査員つとめ、12名のファイナリストが7分間のプレゼンテーション、および質疑応答を行います。

開催概要

グランプリ名:第1回マリンテックグランプリ
場所 :コクヨホール(〒108-0075 東京都港区港南1丁目8−35)
開催日時 :2017年9月30日(土)13:00-19:00 (懇親会 19:10-20:30)
参加対象 :クローズド・事前登録制にて開催(ファイナリスト、ライトニングトーク参加者、ダイヤモンドパートナー、経営支援パートナー、スポットパートナー、アカデミアの研究者、学生)

【当日の流れ】
12:30〜13:00 開場
13:00〜13:30 主催者あいさつ
13:30〜14:30 最終選考プレゼン(Presenter①〜④)
14:30〜14:40 休憩
14:40〜15:40 最終選考プレゼン(Presenter⑤〜⑧)
15:40〜15:50 休憩
15:50〜16:50 最終選考プレゼン(Presenter⑨〜⑫)
16:50〜17:50 審査時間・ライトニングトーク
17:50〜19:00 審査結果発表および表彰式
19:10〜20:30 懇親会

チーム紹介

当日は以下の12チームが登壇します。

チーム名 テーマ
1 株式会社エイシング 独自開発の新型機械学習AIアルゴリズム DeepBinaryTreeを用いた統計解析ツールの開発と事業化
2 株式会社MMラボ 海でも使える水空両用マルチコプタ
3 株式会社空間知能化研究所 深海まで潜航可能な手軽なROVの実用化
4 株式会社アクアサウンド 海底の神秘をくまなく探査、世界が驚くFINEテクノロジー
5 ジグエンジニアリング株式会社 海底動作型鉱物資源選別機
6 アンヴァール株式会社 海水からCO2フリーマグネシウムを造る
7 VP-Tidal 可変ピッチ垂直軸型潮流・海流発電用水車の研究開発
8 環境DNAラボ 環境DNA分析が切り開く生物モニタリングの未来
9 The BioGlue バイオグルー(生物由来の接着剤)で世界を変える
10 KOLABO 海洋技術参入の門戸を開きイノベーションを巻き起こす
11 MarineBio 「ゴミ・未利用」を「有用資源」へ─地域創生を目指した海藻の底力─
12 水・陽・回 ~Water, Sun and Regeneration~ 海洋バイオマスによる持続可能な循環型社会の実現

審査員一覧

審査員は以下の通りです。

企業名 肩書 氏名
株式会社リバネス 代表取締役CEO 丸 幸弘(審査員長)
日本たばこ産業株式会社 経営企画部 課長 中原 拓
ヤンマー株式会社 中央研究所 バイオイノベーションセンター 部長 高橋 英樹
大日本印刷株式会社 理事 研究開発・事業化推進本部 副本部長 岡 素裕
三井化学株式会社 研究開発本部 R&D戦略室 理事・室長 小畑 敦生
日本ユニシス株式会社 常務執行役員 小西 宏和
新日鉄住金エンジニアリング株式会社 技術本部 技術総括部長 関口 太郎
ロート製薬株式会社 経営戦略推進本部 ディレクター 上村 秀人
ツネイシホールディングス株式会社 執行役員 経営管理部 部長 津幡 靖久
古野電気株式会社 技術研究所 研究部 市場開発推進室長 小河 慎二
株式会社グローカリンク

株式会社リバネス

代表取締役 

執行役員CKO

長谷川 和宏
株式会社浜野製作所 代表取締役 浜野 慶一
日本財団 常務理事 海野 光行

本件に関するお問い合わせ

ホームページ:https://techplanter.com/
主催・運営:株式会社リバネス
お問い合わせ先:TECH PLANTER運営事務局(担当:川名、百目木(どめき))
e-mail:[email protected]

<以下補足>
1、テックプランターとは
テックプランターは、科学技術の社会実装を目指す、研究者やベンチャー企業のためのプラットフォームです。大学や研究機関、企業の研究所で生み出された科学技術の「種」を発掘し、パートナー企業をはじめとした他企業と連携し、ビジネスまで芽吹かせるプランターとしての役割を担います。
リバネスは研究者自身の課題意識やパッションを引き出し、会社設立前から支援します。会社設立にあたっては、大学、省庁、町工場、事業会社、投資家、専門家とのネットワークを活かして事業構想をブラッシュアップします。また、事業会社のトップへのプレゼンが可能なデモデーを開催します。会社化した後は、シード資金の投資や、助成金獲得の支援、町工場での試作支援などを通じ、大手事業会社との連携を目指した活動を本格化させます。

2、参加チームのメリット
(1) 顧客・共同研究・共同開発・経営幹部候補獲得の機会
創業初期の経営幹部、顧問、事業化推進を担う経営者や顧客、共同研究先の候補と成り得る事業会社や研究者、町工場とのマッチングによる、チーム体制の強化
(2) 実践的な知識、スキルの習得
・各チーム担当のサイエンスブリッジコミュニケータによるハンズオン支援
・ プロフェッショナル機関への紹介・推薦・座学講習受講の機会(各種補助金、資金調達ノウハウなどベンチャー立ち上げに必要な知識等について)
(3) 資金、人材、PR面等の事業化サポート
・ 最大約1億円の事業・研究開発費が得られるプログラムへの推薦機会
・ 入賞特典の事業化資金(最優秀賞金は30万円、事業投資は最大500万円)
・ 人材採用のサポート
・ PR/メディアへの露出支援
・ パートナー企業とのネットワーク

3、ダイヤモンドパートナー
日本たばこ産業株式会社、ヤンマー株式会社、大日本印刷株式会社、三井化学株式会社、日本ユニシス株式会社、オムロン株式会社、サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社、株式会社?野家ホールディングス、新日鉄住金エンジニアリング株式会社、江崎グリコ株式会社、ロート製薬株式会社、THK株式会社(12社)

4、経営支援パートナー
リアルテックファンド、オムロンベンチャーズ株式会社、オリックス株式会社、株式会社グローカリンク、株式会社浜野製作所、新日本有限責任監査法人、三井不動産株式会社、SMBCコンサルティング株式会社、SMBC日興証券株式会社、東京東信用金庫、城南信用金庫、株式会社日本政策金融公庫(12社)

5、マリンテックグランプリスポットパートナー
(主催:日本財団、リバネス、JASTO)
ツネイシホールディングス株式会社、古野電気株式会社、三菱電機株式会社

以上

Pocket
LINEで送る

コメントを残す