ホーム プレスリリース 地域開発事業部 【実施報告】好奇心こそが研...

【実施報告】好奇心こそが研究者のエネルギーだ!―リバネスCTOの井上浄が、熊本大学医学部にて講義を行いました

28
0
シェア

2017年10月23日(月)、株式会社リバネス取締役副社長CTOの井上浄が、熊本大学医学部における講義「医療と情報」にて講演を行ないました。当日は医学部3年生98名が参加してくれました。

講義では、井上自身の研究に対する考えや、自らの研究成果をもとに社会を変えようと立ち上がり起業した研究者の実例を示しながら、「自分で考えて、世界の誰も見たことがない現象を発見し、それを明らかにしたというワクワクした心、つまり好奇心こそが研究のエネルギーである」と伝えました。そして、「研究者はどんな場所においても新しいものを生み出していく人である」とお話ししました。

最後には、熊本における創業支援の取り組みや学生発ベンチャーの実例を紹介し、学生の皆さんの身の回りにも世界を変えようとしている研究者がいることを伝え、一緒に世界を変えていこうとメッセージを伝えました。

聴講した学生からの声

  • 大学に入学して年々好奇心をもって何かに取り組むことが少なくなった。初心に戻って楽しみながら勉強・研究に取り組んでいきたい。
  • 今まで地味と思っていた研究がこんなにも社会を動かす原動力につながるとは思っていなかった。研究への価値観が変わった。

熊本県においては、創業支援プロジェクト「熊本テックプランター」やインターンシップの受入を行っております。リバネスに興味を持った方はぜひご参加ください。

【県内理系大学生・大学院生必見!】熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアムでのインターンシップの受け入れ開始!

【本リリースに関するお問合せ先】

株式会社リバネス 自然共生型産業研究所(担当:福田)

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪2-39-1熊本大学くまもと地方産業創生センターベンチャー支援室

TEL:096-342-3288(内線)215 Mail: [email protected]

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す