第1回TECH PLAN GRAND PRIX (現 DEEP TECH GRAND PRIX) 優勝のチャレナジーがフィリピン大会の基調講演で登壇

第1回TECH PLAN GRAND PRIX (現 DEEP TECH GRAND PRIX) 優勝のチャレナジーがフィリピン大会の基調講演で登壇

株式会社リバネスでは、2013年より本格的にスタートアップの発掘・育成事業を開始し、科学技術の社会実装を目指す研究者やベンチャー企業のためのプラットフォーム「TECH PLANTER」を展開して参りました。アジア最大級のシードアクセラレーションプログラムとして、大企業、町工場、大学、ベンチャーが集う新たなエコシステムを構築しています。
2018年は、ASEAN圏での取組みをさらに拡大し、これまでの開催国シンガポール・マレーシア・タイ・フィリピンに新たにベトナム・インドネシアを加え、ASEAN6カ国にてTECH PLANTERを開催します。


 初代ディープテックグランプリ優勝のチャレナジーがフィリピン大会の基調講演で登壇

2年目の開催となるTECH PLANTER in the PHILIPPINESでは、5月26日(土)に最終選考会 TECH PLAN DEMO DAYを実施します。今年の基調講演は、2014年に日本で実施した第1回テックプラングランプリ(現:ディープテックグランプリ)の優勝チーム、株式会社チャレナジー  代表取締役CEO清水敦史にご登壇いただきます。

株式会社チャレナジーは、” 風力発電にイノベーションを起こし、 全人類に安心安全な電気を供給する “ことでエネルギーシフトに革命をもたらす事業を興すことを決意したベンチャ−です。清水氏は、東京大学大学院修士課程を修了後、株式会社キーエンスにてFA機器の研究開発に従事。東日本大震災をきっかけとして独力で「垂直軸型マグナス風力発電機」を発明。2014年10月に株式会社チャレナジー創業。2014年03月 第1回テックプラングランプリ 最優秀賞受賞し、その他にも2014年11月 TOKYO STARTUP GATEWAY 2014 ファイナリストとなっています。

台風からエネルギーを生み出し、人類に貢献するビジネスを生み出したいという強い情熱と、そのビジョンを語り続けチームや組織を作っていく清水氏の姿は、フィリピンのTECH PLANTER出場チームをさらに鼓舞すると考え、このたび基調講演としてご登壇いただくこととなりました。

最終選考会は本日、今年はどのようなドラマが繰り広げられるでしょうか。実施後のレポートまで、ご期待ください。

【TECH PLAN DEMO DAY in the PHILIPPINES概要】
日時:5月26日(土)11:30-18:00
場所:QBO Innovation HUB
内容:ファイナリスト12チームによるプレゼンテーション、審査、ネットワーキング
ウェブサイト:TECH PLANTER in the PHILIPPINES


【基調講演 登壇者紹介】

株式会社チャレナジー 代表取締役 CEO
清水 敦史

東京大学大学院修士課程を修了後、株式会社キーエンスにてFA機器の研究開発に従事。
東日本大震災をきっかけとして独力で「垂直軸型マグナス風力発電機」を発明。
2014年10月に株式会社チャレナジー創業。
2014年03月 第1回テックプラングランプリ 最優秀賞受賞。2014年11月 TOKYO STARTUP GATEWAY 2014 ファイナリスト