【6/30】未来のキャリアを創り出す場「キャリアディスカバリーフォーラム2018」を開催しました

【6/30】未来のキャリアを創り出す場「キャリアディスカバリーフォーラム2018」を開催しました

株式会社リバネスは、キャリアディスカバリーフォーラム2018を6月30日(土)に開催しました。
当日は大学、大学院、大企業、ベンチャーから総勢213名(参加者 139名 大企業・ベンチャーの研究者 64名 見学者 10名)が集まり、活発な交流・議論が行われました。

今年度で2回目となる本フォーラムは、「未来のキャリアを創り出す場」をテーマに、研究者と企業がそれぞれの夢やビジョンを発信しあい、それらが混ざりあうところに未来の新しい仕事が想像/創造されることを目指す場です。

開会式では、医学博士で起業家の石川善樹氏をお招きし、リバネス取締役副社長CTO井上浄と「科学技術と好奇心の力で新たなキャリアを創出する!」と題したオープニングセッションを開催しました。

キャリアディスカバリーフォーラムの目玉もいえる全員参加型企業ブースには30社が参加しました。
研究者が自身の夢を1分で熱く紹介する「1分夢プレゼン」から始まり、各企業が未来を見据えて設けたテーマについて、白熱したコミュニケーションが行われました。

各企業のテーマ詳細はこちらからご覧いただけます https://cdf.lne.st/2018/06/26/companybooth-fullversion/

ブースタイムの前には、異分野の人材とのコミュニケーションの秘訣を伝授するトレーニングワークショップを行いました。
ワークショップで自身の研究や人柄を分野を超えて発信するノウハウを身に着け、全員参加型企業ブースの場で実践するという流れにより、未来のキャリアの創造を促進しました。

セッション会場では、農業、ものづくり、心理学、ヘルスケア、ITなどの幅広い分野の研究経験の活かし方について企業現場で活躍する社員の方にお話いただくセッションや、パネルディスカッションを行いました。

また、今年度は新たな企画として、留学生を対象としたワールドフォーラムも同会場内で行いました。
日本企業で活躍している元留学生の方々にそれぞれの経験をお話してもらうパネルディスカッションと、留学生との連携を積極的に進めたい企業との出会いの場となるブースセッションを開催しました。


「未来のキャリアを創り出す場」をテーマとし、研究者と企業社員がそれぞれの未来を語り合ったキャリアディスカバリーフォーラム2018は、懇親会まで議論は止まず、熱気溢れる中、幕を閉じました。

参加者の声(抜粋)

  • 研究のスキルを生かせて、新しい分野を切り開いている企業の存在を知って驚き、わくわくした
  • 視野を拡張することができました。ひとつ、乗り越えてみることで大きな発見があると気づくことができた
  • 今まで知らなかった企業もあったが、どの企業も未来を見据えていることが発見できた。自分の将来について改めて考えたい。

【実施概要】

開催日時: 2018年6月30日(土)10:00~20:00(懇親会 18:30-20:00)

開催場所: 日本科学未来館 7階(東京都江東区青海2丁目3-6)

参加者:213名(参加者 139名 大企業・ベンチャーの研究者 64名 見学者 10名)

主催 株式会社リバネス

フォーラムホームページ:https://cdf.lne.st/

 

【実施コンテンツ】

全員参加型企業ブース 30社

トレーニングワークショップ

セッション

ワールドフォーラムセッション

  • Ask Sempai:What is it like to work in Japan?

 

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社リバネス

担当者名:齊藤想聖

TEL:050-1743-9898

Email:[email protected]

 

【研究キャリアに関するご相談はこちらまで】

研究キャリア相談所 https://r.lne.st/career/

E-mail: [email protected] 

担当:環野(東京本社) 磯貝(大阪本社)