【実施報告】サイエンスキャッスル・シンガポール大会 5カ国より約150名が参加 最優秀賞は、かえつ有明高等学校!

【実施報告】サイエンスキャッスル・シンガポール大会 5カ国より約150名が参加 最優秀賞は、かえつ有明高等学校!

2018年11月2〜3日、中高生のための学会サイエンスキャッスル・シンガポール大会を開催いたしました。国際大会として3度目の開催となる本大会では、昨年よりもさらに参加国と学校数が増え、日本・シンガポール・マレーシア・フィリピン・インドネシアの5カ国より約150名の方にご参加いただきました。

大会テーマは、「Be a Leader, broaden your knowledge to design future – 知識を広げ、未来を描く – 」。発表審査のみならず、参加者が共に学び合う機会を多く設けています。11月2日(金)は12件の口頭発表、41件のポスター発表を行い、11月3日(土)は各国からの中高生が混ざり合って地域の課題を解決するためのアイディア出しワークショップを行いました。

審査の結果、見事最優秀賞に選ばれたのは、日本からの参加者であるかえつ有明高等学校「The Rolling Habits of Mudskippers - A research project to discover the purpose of this rolling action-」(田中 絢音さん・立野 美帆さん)でした。トビハゼが転がる方向に規則性があるのか、複数の仮説を立て、行動解析や解剖など多様な手法を用いてその秘密を解明する素晴らしい研究でした。審査員そしてアジア各国からの中高生がそのプレゼンテーションに引き込まれていました。なお田中さん・立野さんは2018年3月に開催したマリンチャレンジ全国大会でも最優秀賞に選ばれています。誠におめでとうございます。

学会やワークショップの様子を下記にお伝えいたします。

表彰結果

【Grand Winner Award : 最優秀賞】

O-4 : The Rolling Habits of Mudskippers - A research project to discover the purpose of this rolling action-

Kaetsu Ariake Junior & Senior High School (日本)

 

【Best Poster Award : ポスター最優秀賞】

P-21 : Comparative Study Of Barnyard Grass (Echinochloa crus-galli L.), Itch Grass (Rottboellia cochinchinensis Lour.), and Saramollagrass (Ischaemum rugosum Salisb.) As an Alternative Source For Paper

Central Mindanao University Laboratory High School, The Philippines (フィリピン)

【People’s Choice Award : 会場投票賞】

P-27 : Veto D-Hair

Sekolah Tun Fatimah, Malaysia (マレーシア)

 

学会中やワークショップの様子

口頭発表 口頭発表 口頭発表
ポスター発表 ポスター発表 ワークショップ “Welcome to Gaia Research Centre”
三井化学シンガポール 代表 上原様の基調講演 5カ国の生徒が混ざってのディスカッション アイディア出しワーク
プレゼンテーション 他チームの発表に質問やコメント TAとの交流

 

今後も継続して、中高生研究者が共に集い、知を共有して未来をデザインする場をつくって参ります。

次回は、2019年4月13日、マレーシア大会を予定しています(昨年度の様子はこちら)。

参加ご希望の学校・出展をご希望の企業・大学の方々は下記までご連絡ください。

 

<本件に関する問合せ先>

株式会社リバネス 国際開発事業部 担当:秋永
TEL:03-5227-4198 E-mail:[email protected]