• HOME
  • 【参加者募集中】リバネス楠・江川が「SEA ACADEMY ワークデザイン・アドバンス『ワーカーの個を際立たせる組織と仕組み~日本企業で取り組まれているインクルージョンとは?~』」に登壇します

【参加者募集中】リバネス楠・江川が「SEA ACADEMY ワークデザイン・アドバンス『ワーカーの個を際立たせる組織と仕組み~日本企業で取り組まれているインクルージョンとは?~』」に登壇します

【参加者募集中】リバネス楠・江川が「SEA ACADEMY ワークデザイン・アドバンス『ワーカーの個を際立たせる組織と仕組み~日本企業で取り組まれているインクルージョンとは?~』」に登壇します

リバネス研究キャリアセンターセンター長の楠晴奈とサイキテック研究所所長の江川伊織が、1月15日(火)に、SEA ACADEMY「ワークデザイン・アドバンス」 (主催:株式会社オカムラ)に登壇します。

“SEA ACADEMY” は、「働き方と働く場について、気づき、考える、まなびの場」として、働き方改革やイノベーションなどをテーマに株式会社オカムラが開催している定期セッションです。そのなかでも、制度/ICT/ファシリティを横断的に考え、新しい「はたらく」を描くことを目的とした講座が、ワークデザイン・アドバンスです。

今回のセッションは「ワーカーの個を際立たせる組織と仕組み~日本企業で取り組まれているインクルージョンとは?~」というタイトルです。近年耳にすることも多い「ダイバーシティ」と「インクルージョン」をテーマに、研究者集団であるリバネスの組織づくりや人材育成の考え方をご紹介しつつ、実際に自身の「個」を確立して事業を進めようとしている社員の事例を挙げ、多様性を包含する風土づくりや人材育成についてお話します。

当日は、森田舞 氏(株式会社オカムラ フューチャーワークスタイル戦略部)のファシリテーションのもと、社会心理学を専門とする正木郁太郎 氏(東京大学 大学総合教育研究センター 特任研究員)から、日本企業でのインクルージョンの現状と課題について学術的な視座からのお話を頂きつつ、議論を進めます。

これからの働き方改革やイノベーションに関心のある方、人事・経営企画・新規事業・推進プロジェクトに携わる方のご参加をお待ちしております。

詳細・申込みは以下のサイトをご覧ください。
http://workmill.jp/sea/event/201901_wda.html

 

【開催概要】

・開催日時 :2019年1月15日(火)15:30~17:00(15:00開場)
・場所 :株式会社オカムラOpen Innovation Biotope ”Sea”(東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 13階)
・対象:これからの働き方改革やイノベーションに関心のある方、人事・経営企画・新規事業・推進プロジェクトに携わる方
・主催:株式会社オカムラ
・参加費:無料
・定員:50名
・お問い合わせ:[email protected]
・詳細・申込み:http://workmill.jp/sea/event/201901_wda.html