リバネス代表取締役副社長CTO 井上浄が九州財務局の財務総合研修に講師として登壇しました

リバネス代表取締役副社長CTO 井上浄が九州財務局の財務総合研修に講師として登壇しました

 リバネス 代表取締役副社長CTOの井上浄が2019年12月20日 (金)に、九州財務局において、財務総合研修の講師として登壇しました。当日は九州財務局員を中心に約100名が聴講しました。

 本研修では「産官学金で取り組む次世代ベンチャー創業支援」をテーマとし、リバネスが取り組む創業支援プロジェクト「テックプランター」と、それを地方創生の取り組みとして応用し、2016年より熊本県・肥後銀行・熊本大学・熊本県工業連合会とともに熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアムとしてスタートした「熊本テックプランター」について紹介しました。

 講演の中では、課題に挑む1人の「熱」から事業が生まれることや、事業が生み出される「QPMIサイクル」の考え方について、熊本県発のベンチャー企業等の事例をお話しました。また、テクノロジーを基盤とした産業創出を目指すにあたり、熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアムの各構成機関が、新たなルールや仕組みを創る、リソースを共有することによる連携を押し進めるといった行動を起こすことで創業支援に取り組んでいることを紹介しました。

 地方創生に繋がる産業創出支援については、限られたベンチャー企業に対して集中的な支援を投じ、1つのメガベンチャーを創出しようという従来の支援方法だけではなく、地域からベンチャーが「生まれ続ける土壌」を創るため、中長期的な視点でノウハウの蓄積や次世代への継代が行われていく仕組みづくりが重要であること、そのためにも地域に根ざした自治体や金融機関、研究機関、地域企業が一丸となって取り組むことが力になることをお話しました。

 質疑応答では、「QPMIサイクルで仲間を巻き込んでいくことの話が腑に落ちた」「欧米で行われているベンチャー支援の仕組みが必ずしも正解とは限らない、日本に合った仕組みもあるのではないか」と活発な議論が行われました。

 株式会社リバネスでは、引き続き、全国各地で持続可能な産業創出エコシステムを構築していくことを目指します。ともに地方創生・産業創出を目指す自治体・金融機関・地域企業の方はご連絡ください。

 

★テックプランター:https://techplanter.com/

★熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアム:https://kumamoto-techplanter.com/

 

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社リバネス 地域開発事業部 担当:戸金

TEL:03-5227-4198 / E-mail:[email protected]

〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1-4 飯田橋御幸ビル5階