【企業向け】認知科学導入ワークショップの提供を開始

【企業向け】認知科学導入ワークショップの提供を開始

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長COO:高橋 修一郎)は、2020年5月1日より、企業の人事部門、経営企画部門、商品開発部門研究所、等を対象とした認知科学導入ワークショップの提供を開始します。

 

本サービスの企画概要

認知科学導入セミナーは、人の心や行動に関する理解を深め、ビジネス開発や社内の仕組みづくりにつなげたいと考える企業を対象に、認知科学分野の専門家から学び、議論する場を提供するワークショップです。リバネスのサイキテック研究所が中心となり開発した独自の「Psy-Bis インデックス」を用いたワークショップを通じて、企業の関心領域や現場課題を学術用語に翻訳し、それに合わせて連携研究者の選定・ディスカッションテーマの設計・議論のファシリテーションを行います。本サービスにより、新たな製品開発やビジネス創出や社内の働き方の改善など、ニーズに合わせた形で人の心や行動が関わる企業活動に科学的な根拠を持ったアプローチができます。

企画背景

製品やサービスを通じたウェルビーイングの提供、省エネルギーや運動習慣の形成といった行動変容、心身が健康な状態で働ける環境の構築など、企業の活動のうち、人の心や行動に関わる領域は広範に及びます。しかし、人の心は目に見える実体がなく、影響する要因も見えにくいことから、アプローチの多くの部分を勘や経験に頼っているケースが多いのも事実です。一方で、バイタルデータや性格検査、コミュニケーションデータなど、テクノロジーの進展に伴い、心を客観的に捉えるためのデータは多く取得できるようになってきています。

 こうした背景のもと、心理学や行動経済学、哲学、神経科学といった、人の心や行動に関する研究や、それらを学際的に扱う認知科学領域への関心が高まっています。しかし、企業でのビジネスや、HR領域の仕組みづくりに関わる人材が、この領域の研究者と問題意識を共有し、研究の観点からソリューションを考えられる機会は少ないのが現状です。

そこでリバネスでは、人の心や行動の研究から企業活動へのヒントを得たい企業と認知科学領域の研究者が、テーマを軸に議論できる場として、認知科学導入セミナーをサービス化するに至りました。本サービスをきっかけに、人の心や行動に関する先端の知見を自社のビジネスや仕組みづくりを推し進めてまいります。

 

お問い合わせ

株式会社リバネス サイキテック研究所(担当:江川)

E-mail : [email protected]