音声コミュニケーションを可視化するハイラブル社、センターオブガレージを運営するグローカリンク社との共同実証研究を開始

音声コミュニケーションを可視化するハイラブル社、センターオブガレージを運営するグローカリンク社との共同実証研究を開始

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役副社長CTO:井上浄)、ハイラブル株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:水本武志)及び株式会社グローカリンク(本社:東京都墨田区、代表取締役:大坂吉伸)は、センターオブガレージ(東京都墨田区横川1-16-3)における会議室での議論分析について共同での実証研究を開始しました。

 

音環境分析技術を開発するハイラブル社は、音声によるコミュニケーションを定量化・可視化し、コミュニケーションをより豊かにすることを目指して事業を展開しています。ハイラブル社は、2017年にIPA先進的IoTプロジェクト支援事業に採択され、リバネスがメンター伴走者として支援を行いました。2017年にリバネスが実施する次世代研究者育成プロジェクト「NESTプロジェクト」では教育分野における共同研究を進めてまいりました。また、リバネス主催の「TECH PLANTER」にエントリーし、2018年9月8日に開催された最終選考会「第6回ディープテックグランプリ」にて川崎重工業賞を受賞、同年9月19日にリバネスはハイラブル社と資本業務提携を発表し、2019年3月にはリアルテックベンチャーオブザイヤーを受賞しております。2020年6月にはオンライン会議のリアルタイム定量化システム「Hylable」の共同開発を行いました。

 

また、ハイラブル社は2021年4月よりグローカリンクが運営するセンターオブガレージに入居しました。センターオブガレージはスタートアップ、事業会社、町工場、ベンチャーキャピタルなど多様な方々が入居しており、それぞれに実証の場として活用されています。

 

このたびの共同研究は、リバネス、ハイラブル社、グローカリンク社の3社で、センターオブガレージにおける会議室での議論分析について共同で実証研究を開始するものです。

 

<共同実証研究のテーマ>

  • スタートアップと事業会社との議論の可視化
  • スタートアップと町工場とのものづくり助言に関する議論の可視化
  • スタートアップとベンチャーキャピタルとの議論の可視化
  • オンラインとオフラインの議論の差異の可視化 等

 

ディスカッションを通じたコミュニケーションは、意思決定や新たなアイデアの創出のために非常に重要です。今回、センターオブガレージという特定の場所において、立場の異なる人同士のコミュニケーションを解析・可視化することで、より効果的な議論の実現や、目的に適した議論のあり方が明らかになることが期待されます。

 

 

◆株式会社リバネス

代表:代表取締役副社長CTO 井上浄

住所:東京都新宿区下宮比町1-4 飯田橋御幸ビル5階

URL:https://www.hylable.com/

 

◆ハイラブル株式会社

代表:代表取締役 水本武志

住所:東京都豊島区南大塚3-34-7 丸善大塚ビル 5-C

URL:https://www.hylable.com/

 

◆株式会社グローカリンク

代表:代表取締役社長 大坂 吉伸

住所:東京都墨田区横川1-16-3 センターオブガレージ

URL:https://glocalink.com

 

<本件に関する問合せ先>

株式会社リバネス 担当:高木

Tel:03-5227-4198 Mail:[email protected]