マリンテックグランプリ2021速報:最優秀賞はKUAUが受賞

マリンテックグランプリ2021速報:最優秀賞はKUAUが受賞

2021年10月2日(土)にマリンテックグランプリ2021がセンターオブガレージにて開催され、最優秀賞と企業賞の受賞チームを決定いたしました。

テックプランターは、2020年シーズンより「未解決の課題 “ディープイシュー” に対して、科学技術の集合体 “ディープテック” で解決する、Deep Issue & Deep Tech Explorer」にコンセプトを進化させて推進しています。

当日は、テックプランター2021に応募いただいた316チームの中から選ばれたマリンテックグランプリのファイナリスト12チームが、海洋関連の課題解決、また海から生まれた技術を用いた社会課題解決に向けた想いを熱くプレゼンテーションしました。

そして、栄えある最優秀賞に輝いたのは、「KUAU」でした。

KUAUのテーマは「サンゴの高効率増殖技術でCO2固定化を目指す」です。もともと再生医工学の分野で骨再生に用いられてきたインプラントの表面加工がサンゴのポリプを効率よく吸着させ、骨格形成を促進することを発見。陸上での植樹と比較しても面積あたりで数十倍も効率の高い炭素固定を実現しうる技術で、今後の社会実装を目指しています。実際の事業化に向けては数多くのハードルが予想されるものの、全く異分野から海洋のCO2固定化に挑む姿勢への評価と、サンゴの再生によるカーボンニュートラル社会の実現というビジョンへの期待を込めての受賞でした。

最優秀賞を受賞したKUAUと審査員一同

 

企業賞・最優秀賞一覧

チーム名 テーマ名 受賞
株式会社エイトノット 自律航行小型EV船によるオンデマンド型水上交通 IJS賞&
商船三井賞
エスイーシー・シープレックス株式会社 深海対応ポリオレフィンを用いたPID問題の解決 旭有機材賞
フューチャークエスト株式会社 VDESによる海上横断型通信プラットフォーム 日本ユニシスBIPROGY賞
株式会社ロボサイエンス
水中環境における情報基盤技術の開発と実海域の実装
クルーシャル・クーリング・パフォーマンス株式会社 新放熱システムによる超高輝度省エネ型海洋照明開発 Real Tech Fund賞
株式会社コアシステムジャパン
壊れないセンサで土木・水環境インフラのDXを加速
KUAU
サンゴの高効率増殖技術でCO2固定化を目指す 最優秀賞
MizLinx
海洋資源探査を効率化する観測システム ニッスイ賞&
日鉄エンジニアリング賞
Team D3DCG 人間重心検知理論による疲労・熱中症評価システム グローカリンク賞
Team DEPS AUV船団を実現する低コスト低消費電力海中GPS マルハニチロ賞
微生物パワー 微生物による魚病対策技術で実現する次世代水産養殖 荏原製作所賞

※今年度よりプロフェッショナルサポーターからの表彰として、Real Tech Fund賞が設置されました。また今回、特別賞としてグローカリンク賞が設置されました。

実施概要
・グランプリ名: マリンテックグランプリ2021
・場所:センター・オブ・ガレージ(〒130-0003 東京都墨田区横川1丁目16−3)
・開催日時:2021年10月2日(土)13:00-19:00
・参加対象:クローズド・事前登録制にて開催(エントリーチーム、パートナー企業、スーパーファクトリーグループ・プロフェッショナルサポーター)
・ウェブサイト: https://techplanter.com/marinetech/2021/