リバネスグループのリバネスシンガポールが、建設・製造・物流業界のデジタル化促進ソリューション「KEGMIL」を開発するFTV LABS社に出資

リバネスグループのリバネスシンガポールが、建設・製造・物流業界のデジタル化促進ソリューション「KEGMIL」を開発するFTV LABS社に出資

リバネスの海外子会社であるLeave a Nest Singapore Pte. Ltd.(代表:徳江 紀穂子、以下「リバネスシンガポール」)は、シンガポール籍のベンチャー企業 FTV LABS PTE.LTD.(CEO:Mr. Kelvin Ong、以下「FTV LABS」)に出資しました。

FTV LABSは独自のクラウド型フィールドサービス管理ソリューション「KEGMIL(ケグミル)」を中心に、企業のデジタルトランスフォーメーションを加速する様々なサービスや製品を開発しています。

東南アジアの建設・製造・物流業界には、客先に出向いて修理や点検等の業務を行う数百万人もの技術者が従事しています。彼らの業務管理、クライアントや社内へのレポーティング、そしてスケジューリングは未だ紙ベース、または技術者が独自に保持する統合されていない複数のソフトウェアで行われているため、必要以上に労働集約的なワークフローに苦しんでいると言えます。KEGMILを活用することで、業界課題である一元管理されていない業務記録のデジタル化、ワークフローの自動化、そしてデータサイロの解消が促進し、業務の効率化とデータに基づく意思決定を行うことが可能になります。

 今回の出資により、FTV LABSはKEGMILのIoTおよびAI/ML開発、また日本並びに東南アジア全域への進出に向けてのサービス開発を加速し、近い将来の広域事業展開を目指します。

 

今後もリバネスグループでは、シンガポールベンチャーへの出資や営業活動、人材採用、子会社設立、IPO等の支援、政府との共同プログラム等を通して、日本とシンガポール両国のイノベーションエコシステムを接続し、醸成するための取組みを推進してまいります。

本件に関する問い合わせ:
株式会社リバネス グループ開発事業本部
担当:武田
MAIL:[email protected]