第3回大阪テックプラングランプリ ファイナリスト決定、審査員情報を公開しました

第3回大阪テックプラングランプリ ファイナリスト決定、審査員情報を公開しました

「大阪テックプランター」は、関西圏の技術シーズ(ベンチャー)を発掘・育成することにとどまらず、アジア圏のスタートアップも国際空港を有する大阪に呼び込み、2024年のうめきた2期地区の先行まちびらき、そして2025年に開催される大阪・関西万博に向けて、大阪をヘルスケアやものづくりの国際ハブにすることを目指し、スタートしました。
今シーズンは、計29チームのエントリーがあり、書類選考を経て、11/13(土)第3回大阪テックプラングランプリにてプレゼンテーションを行なうファイナリスト9チームが決定しました。チーム名、代表者名、テーマをウェブページにて公開しています。
併せて、グランプリの審査員10名の情報も公開しました。大阪テックプランター2021のウェブページをぜひご覧ください。

【ファイナリスト】

No.  チーム名 代表者名 テーマ
1 株式会社EX-Fusion 松尾 一輝 レーザー核融合商用炉の実現
2 Cranebio株式会社 山本 大輔 「どこでも検査」を可能にするDNAオリガミ
3 リジェネフォーティー株式会社 中西 徹 再生医療技術を用いた新しい若返り化粧品・美容素材の開発
4 GoGreenGroup株式会社 山下 崇 使用済み使い捨てカイロをリサイクルして水質浄化剤を作り、地球の水圏環境を元の姿に戻したい!
5 株式会社リニアリティー マルコン シャンドル リニアモーター新モビリティ
6 株式会社Sydecas 寄玉 昌宏 「持続可能なごちそう」をデザインするNinjaFoods
7 DIATOM-inn 松井 啓晃 海洋性ケイ藻を用いた水質バイオレポートシステムの開発
8 同志社大学超音波医科学研究センター 市川 寛 超音波照射による酸化ストレス耐性誘導を介した老化関連疾患予防法の開発
9 ミミズドクターズ 東條 元昭 植物病害抑制効果を示すタケ由来ミミズ堆肥の作出と有機農業用資材としての利用

【大阪テックプランター2021 実施体制】
主催:株式会社リバネス
地域開発パートナー:
ダイキン工業株式会社/株式会社ダスキン/西日本旅客鉄道株式会社(株式会社JR西日本イノベーションズ)/株式会社パイオニア・コーポレーション/フクシマガリレイ株式会社/ヤンマーホールディングス株式会社/ロート製薬株式会社/株式会社関西みらい銀行/株式会社池田泉州銀行
特別後援:うめきた2期みどりとイノベーションの融合拠点形成推進協議会
後援:大阪府

 

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社リバネス https://lne.st/
担当:大阪本社 磯貝
TEL:03-5227-4198(代表) / E-mail:[email protected]
〒552-0007 大阪府大阪市港区弁天1-2-30 オークプリオタワーオフィス403