開催予告【超異分野学会 香川フォーラム】医療機器ベンチャーのプロダクト開発と海外進出戦略/2021年12月4日13:30〜@高松

開催予告【超異分野学会 香川フォーラム】医療機器ベンチャーのプロダクト開発と海外進出戦略/2021年12月4日13:30〜@高松
パネルディスカッション
医療機器ベンチャーのプロダクト開発と海外進出戦略 


リバネスが主催する超異分野学会 香川フォーラム2021(2021年12月4日(土))内で、パネルディスカッション「医療機器ベンチャーのプロダクト開発と海外進出戦略」(セッションパートナー メロディ・インターナショナル株式会社)を開催いたします。

 

医療機器ベンチャーが、製品を開発し、海外にまで進出するにはどうしたら良いでしょうか?各国で異なる医療現場や機器認証にも合わせた戦略を実行することで、ある国で生まれた研究や科学技術が、幅広く世界の医療課題を解決することに繋がります。本セッションでは、日本と東南アジアで、それぞれ成長し、アウトバウンドとインバウンドの双方向で海外進出を睨む医療ベンチャーを例に、日本から世界へ、世界から日本へ、医療ベンチャーが進出する道筋を探ります。

 

本セッションのテーマに限らず、様々な切口から研究者、スタートアップ、大企業でディスカションするプログラムをご用意しております。詳しくは、大会ウェブサイトをご参照ください。

※当日は新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で開催いたします。

 


医療機器ベンチャーのプロダクト開発と海外進出戦略
日時:2021年12月4日(土)13:30〜14:20
場所:サンポート高松 高松シンボルタワー展示場(〒760-0019 香川県高松市サンポート2-1)

詳細:https://hic.lne.st/conference/kagawa2021/

登壇者

尾形 優子(おがた ゆうこ) 氏

メロディ・インターナショナル株式会社 代表取締役

京都大学大学院工学研究科原子核工学修了後、香川に移住。(株)アムロン、(株)イノベイトにてITシステム開発等を行う。診療所向け電子カルテ開発(経産省事業)、四国4県電子カルテネットワーク事業(経産省事業)への参加を機に、2002年株式会社ミトラ(本社:香川)を起業し代表取締役に就任。周産期医療の抱える課題を解決するために、IoT胎児心拍計を使った遠隔医療プラットフォーム構築のため、2015年メロディ・インターナショナル(株)を設立。代表取締役就任。

多田 款(ただ まこと) 氏

AMI株式会社 CEO室

早稲田大学政治経済学部卒後、半導体企業で国内外のセールス・マーケティングを担当。その後早稲田大学ビジネススクール在学中にベンチャー立ち上げ、東京都墨田区を拠点に中小企業や大手製薬企業へのコンサルティング、政府に対して中小企業政策立案・実施に従事。
2014年からプラント解体企業の東証マザーズ上場戦略に携わり、3次元レーザースキャン事業やロボット開発を実施。2018年から共同研究先であった京都大学の研究員としてロボットの社会実装に取り組む。2020年4月にAMIに入社。東京オフィスにて人材採用と新規事業開発を担当。最先端技術を活用した新規事業戦略策定等の技術マーケティング領域が得意分野。経営管理学修士(MBA)

田口 和己(たぐち かずみ) 氏

名古屋市立大学大学院医学研究科
腎・泌尿器科学分野 講師

愛知県岡崎市出身、名古屋市立大学卒業。愛知厚生連海南病院で初期臨床研修後、名古屋市立大学泌尿器科に入局。2014年に医学博士取得。2016〜2017年までカリフォルニア大学サンフランシスコ校に留学。日本泌尿器科学会指導医・日本尿路結石症学会評議員・ロボット支援手術プロクター。
専門は尿路結石の研究・手術であり、日本泌尿器科学会学会賞(2018)・米国(2018)及び欧州(2019)泌尿器科学会ベストポスター賞・日本医師会医学研究奨励賞(2021)などを授賞。2017年よりシンガポールの医療機器ベンチャ−であるNDR Medical Technologyと国際共同研究を開始、臨床試験を遂行中。

神藤 拓実(じんどう たくみ)

株式会社リバネス 戦略開発事業部

博士(工学)。2014-15年、KU Leuven(ベルギー)にて研究留学。2016年横浜国立大学大学院環境情報学府博士後期課程修了。2017-2019年、東京工業大学物質理工学院研究員並びに横浜国立大学高大接続・全学教育推進センター非常勤教員(助教)を経て現職。リバネスでは、東南アジアのケアテックベンチャーの日本での試作品開発と特許取得に携わる他、2021年より香川発の医療機器ベンチャーであるメロディ・インターナショナルの海外進出の伴走支援に取り組む。

 

<モデレーター>

上野 裕子(うえの ゆうこ)

株式会社リバネス
グループ開発事業本部 部長

博士(理学)。在学中は極限環境生物学にて生命の起源の探求を行ってきた。2013年株式会社リバネス入社。人材開発事業部部長経て、2018年より創業開発事業部に所属、冊子『創業応援』の編集長を経て、リバネスアメリカ代表に就任。自身の研究経験を活かしながら、リバネスグループが拠点を持つアメリカ、イギリス、シンガポール、マレーシア、フィリピンのディープテックスタートアップの発掘育成を行うと同時に、スタートアップと協業した日本企業の新規事業のデザインを行う。また、日本のディープテックスタートアップの東南アジア進出や、東南アジアのスタートアップの日本進出支援の経験を経て、2021年10月より現職。