サイキテック研究所

心に関する研究をテクノロジーに乗せて実装し、人間の可能性を発信し続ける

サイキテック研究所は、心を研究対象とした組織です。心理学、哲学、社会学などの知識をテクノロジーや現場の実践知と融合させることで、心に関する研究とその社会実装を行います。心の研究者、エンジニア、企業や自治体・教育現場と連携しながら、研究プロジェクトを進めていきます。研究と社会実装を通して人の新たな可能性を発信し続け、人間による新しい創造が生まれ続ける世界を目指しています。

サイキテック研究所

所長
江川 伊織

Prof.
髙橋 修一郎

主な活動

個人・組織の探求と創造的活動への実装

性格や視点の違いといった個人の特徴や、組織・集団における人間同士の相互作用を探求することにより、新規なアイデアの創出や、研究、アートといった創造的な営為を促すことを目指します。性格心理学を用いた創造性の研究や、創造に至るまでのプロセスの議論を分析する研究を進めています。


認識・表現の拡張と新たなコミュニケーションへの実装

人間は、外界情報を認識する機能や、自己の内部にある情報を表現する機能をフルに活用することでコミュニケーションを成立させています。この認識・表現機能をテクノロジーによって拡張したり、哲学・認知科学の知識をベースとした新たな表現形式を開発したりすることで、人と人、人と環境の相互作用を促進します。


心を知る手法の開発とシステム・環境設計への実装

心身相関に関する知見の蓄積やセンシング・解析技術の発達により、心を知る手法は日々進歩しています。当研究所でも、最先端のテクノロジーと、従来のアプローチを組み合わせて心を知るための手法を開発しています。心の健康状態や専門家の暗黙知の可視化などを通じて、心の理解に立脚した仕組みや環境の設計につなげます。