教育CSRシンポジウム開催報告

教育CSRシンポジウム開催報告

2012年12月22日(土)、リバネス教育応援プロジェクトでは、
6回目となる「教育CSRシンポジム」を開催いたしました。
本年は、企業のご担当者、教育関係者、約150名の方々にご参加いただきました。
誠にありがとうございました。

本シンポジウムは、
今年の「教育CSR大賞」を決定する最終選考の場も兼ねております。
事前のウエブ投票と有識者による審査で上位に選ばれた8社が最終プレゼンテーションを行い、
当日参加した参加者の投票により決定いたしました。

今年の結果は…こちらをどうぞ。

csr

同時に行われた文部科学省の 国立教育政策研究所 教育課程研究センター 谷口哲也氏のご講演では、
具体的な全国学力調査の事例と、そこからからみえる企業の教育参加の重要性をお話いただきました。

谷口先生

リバネスの高橋からは、教育界と産業界の連携の促進のためにこれまで、
数千人の先生と企業担当者、100社を超える企業の協力をいただいていること、
そして今後もこの活動を広げるために、
協働できる方々を常に求めていることをお話しさせていただきました。

リバネス高橋

会場内には教育CSR大賞にノミネートされた23社の企業ブースが設置され、

各担当の方から開発した教材やプログラムの概要紹介をしていただきました。

tenji

企業と学校の先生、企業同士、つぎなる刺激となる情報交換の場となりました。

リバネスでは本取り組みを今後も継続し、
さらなる科学教育の発展に寄与していきたいと考えております。

来年の教育CSR大賞に参加されたい方、またご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

【教育CSRシンポジウム概要】

日時:2012年12月22日(土)13時00分~16時15分【終了しました】

会場:一橋講堂 中会議場
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター 会場はこちら

対象:学校教員、教育関係者、企業CSR・人材育成担当者 (学生、一般の方も歓迎です)

参加費:無料

○13:10~14:30「先生が選ぶ教育CSR 大賞」の候補企業による教育活動事例紹介
カルピス株式会社
川崎重工業株式会社
協和発酵キリン株式会社
コニカミノルタホールディングス株式会社
敷島製パン株式会社
株式会社ビクセン
富士ゼロックス株式会社
ライフテクノロジーズジャパン株式会社

○14:30~14:50「平成24年度全国学力・学習状況調査(理科)の調査結果からみえる科学教育の現状~企業の教育参加における可能性~」
文部科学省 国立教育政策研究所 教育課程研究センター 谷口哲也氏

○14:50~15:10「科学技術の発展と地球貢献を実現する企業の教育参加の仕組み」
株式会社リバネス 代表取締役COO 高橋修一郎

○15:10~15:50 ノミネート企業23社による活動紹介とブース展示

○15:50~16:10 表彰式