2016くまもと地域振興フェアに出展 テックベンチャーによるセミナーを開催

2016くまもと地域振興フェアに出展 テックベンチャーによるセミナーを開催

2016くまもと地域振興フェアに出展
テックベンチャーによるセミナーとアグリ系ベンチャーの技術紹介を実施

株式会社リバネスは2016年2月9日〜10日にグランメッセ熊本にて開催される 2016くまもと地域振興フェアWONDER MESSE KUMAMOTO に出展いたします。ブース「熊本の可能性」ゾーンにおいてリバネスが取り組んできた地域開発事業の紹介とシードアクセラレーションプログラム「TECH PLANTER」で発掘・育成を行ってきたベンチャーの技術紹介を行います。また、2月10日11時〜12時の日程で、セミナー「研究者の知が新産業を創出する」を実施します。皆様のご来場をお待ちしております。

2016くまもと地域振興フェア WONDER MESSE KUMAMOTO は「熊本の魅力と可能性を世界へ発信」をコンセプトに掲げ、“熊本の地域の力”、“熊本の「農」の力”、“熊本の可能性”の3つのゾーンでの展示を行うことで、熊本県の農林水産資源・観光資源の発掘と発信、県内農林水産事業者と大手企業や県内大学との連携等、熊本県の大いなる魅力と未来に向けた可能性を発信することを目的に開催されます。

株式会社リバネスは、熊本の可能性ゾーンにて弊社の地域活性化やシードアクセラレーションプログラム「TECH PLANTER」の取り組み、TECH PLANTERを通じてメンタリングを行っているアグリ系ベンチャー企業の紹介と技術紹介を行います。ブースでは、アイ・イート株式会社が開発した大粒イチゴの輸送を可能とした容器やホープフィールド株式会社が開発した電動ねこ車「E-cat kit」、Kisvin Sceince株式会社が開発した樹液流センサの実機を展示します。また、リバネスとオムロンが展開するインキュベーションプログラム「コトチャレンジ」および「TECH PLANTER」の取り組みについてご説明いたします。

さらにブース展示と併せて、2月10日には「研究者の知が新産業を創出する」をテーマにセミナーを行います。「新残業を創出するイノベーションのタネがどのように生まれ、そのタネをどう育てるのか?」に挑戦する弊社より、4つの事業を紹介しながらディスカッションを行います。

フェアおよびセミナーの参加は無料ですので、ベンチャーや新規事業の立ち上げを検討されている方、この機会に是非ご参加ください。

◆2016くまもと地域振興フェア概要
日時:2月9日(火)~10日(水) 10時~17時
会場:グランメッセ熊本
入場料:無料
来場者数(想定):約15000人
来場者の特徴(想定):一般個人、農林漁業関連、製造関連、官公庁、旅行代行業、バイヤー、学生
主催:株式会社肥後銀行、熊本産業文化振興株式会社
HP:http://wonder-messe.jp/

◆ブース内容
日時:2月9日(火)~10日(水) 10時~17時
場所:グランメッセ熊本 展示ホール 熊本の可能性 5番ブース
紹介:取り組みリバネス地域開発事業、シードアクセラレーションプログラム「TECH PLANTER」、オムロンコトチャレンジ
技術紹介:アイ・イート株式会社Kisivin Science株式会社ナノサミット株式会社株式会社ホープフィールド、 他

◆セミナー概要
日時:2月10日(水)11時~12時
場所:グランメッセ熊本 2階中会議室
タイトル:研究者の知が新産業を創出する

内容:4名のプレゼンテーターにより、新産業を創出しうる科学技術ベンチャー創出の支援やその事例と紹介、今後の展開について紹介いたします。

ファシリテーター:
丸 幸弘(株式会社リバネス 代表取締役CEO)
大学院在学中にリバネスを設立。日本初の最先端科学の出前実験教室をビジネス化。ユーグレナ技術顧問など、多数のベンチャー企業の立ち上げにも立ち上げに携わる。

プレゼンテーター:
塚田 周平(株式会社リバネス 地域開発事業部 部長)
山口 昌雄 氏(アメリエフ株式会社 代表取締役社長CEO)
今村 隆司 氏 (オムロン株式会社 グローバル戦略本部 経営戦略部 事業インキュベーショングループ 主査)
望月 大二郎 氏(株式会社ホープフィールド 代表取締役CEO)

なお、2月8日(月)までにセミナーへの参加を希望される方は下記のWEBサイトよりお申込みください。
http://wonder-messe.jp/#moshi

【問合せ先】
株式会社リバネス地域開発事業部
TEL: 03-5227-4198 Mail: Ld@Lne.st