ホーム プレスリリース リバネス藤田大悟が未来を創...

リバネス藤田大悟が未来を創るクリエーターとして「QREATORS.JP」に参加

327
0
シェア

リバネス教育総合研究所所長の藤田大悟が、QREATOR AGENT社(クリエーターエージェント)が運営するサイト「QREATORS.JP」に、未来を創る科学教育プロデューサーとして参加することとなりました。

QREATORS.JP」藤田大悟のページ
http://qreators.jp/qreator/fujitadaigo

本サイトは、「クリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツ発信メディア」です。
QREATOR AGENT社がプロデュースする経営者や教授、研究者、デザイナー、職人たちが、いままで出会うことのなかった様々なジャンルの方々とコラボレーションし、また新たなものを創造する場作りを行います。

藤田大悟は、本取組みを通して、今後もさらに世の中を驚かせ、楽しませるコンテンツを生み出してまいります。興味のある企業、新聞社、雑誌社等、みなさまのご連絡をお待ちしております。

Pocket
LINEで送る

シェア
前の記事日本生物教育学会第101回全国大会で「宇宙教育プロジェクト」の総括を発表してきました
次の記事11/28(月)文部科学省主催「地域イノベーションシンポジウム2016 in熊本」に、代表取締役CEOの丸幸弘、自然共生型産業研究所 所長の福田裕士が登壇いたしました。
藤田 大悟/Daigo Fujita 教育開発事業部 / リバネス教育総合研究センター センター長 広島生まれ、流山育ち、横浜市都筑区在住。千葉県立東葛飾高校時代には、生徒会長・議長・合唱祭委員長・理科部無線班班長などいろいろ挑戦。科学が大好きで、小さい頃か科学実験や電子工作をしていました。ボーイスカウト富士賞、アマチュア無線2級。大学時代は東工大ScienceTechnoという科学イベントサークルを立ち上げ全国でイベントを実施。日本科学未来館ボランティア1期生で、様々な立ち上げを行う。東京工業大学ではナノマシンでもあるウイルスの構造の研究で修士号取得。現在は株式会社リバネスで教育開発事業を手がける。 国際宇宙ステーションに植物の種をうちあげて、子供達に調査してもらう宇宙教育プロジェクト、等身大のロボットバトルである日テレロボットバトル日本一決定戦、吉本興業とのおもろふしぎラボ、小学生の本格ロボット教室、TEPIA先端技術館などの企画を手がけています。 日本科学未来館のボランティアの立ち上げに関わった関係で、全国ミュージアムの方の知り合いが多い。

コメントを残す