ホーム プレスリリース 定期刊行冊子2017年3月...

定期刊行冊子2017年3月号 発刊しました

1134
0
シェア

リバネスの定期刊行冊子2017年3月号が発刊されました。各雑誌の特徴と見所は次の通りです。

中高生のための研究キャリア・サイエンス入門
『someone』vol.38

対象:中学生、高校生
仕様:B5判, 32頁

春になり冬ごもりの虫たちが這い出してきた土の中にはどんな世界が広がっているのでしょう?特集「地下探検」では、さまざまな地下世界のサイエンスに注目し紹介しています。少し掘ってみれば出会える土の中から、普段利用している地下空間、さらには誰も見たことがない地球内部へと探検は進みます。私たちの足元に広がるふしぎを研究者の視点でぜひのぞいてみてください。また、今号は中高生向け研究費の募集がもりだくさん!リバネスでは今後ますます中高生研究者を応援していきます。

学部・院生のための研究キャリア・就活情報誌
『incu・be』vol.36

対象:大学生、大学院生
仕様:A4判, 32頁

研究者が活躍できるフィールドは実に様々。『incu・be』を開けば、研究室にいながら多様な研究者の考え方、生き様に触れることができます。彼らのストーリーに触れることは、きっと自分の進む道を考えるきっかけになるはずです。 今回の特集では「ベンチャー経営者×そこで働く若手研究者」の3つの特別対談をお届けします。なぜベンチャーでのキャリアを選んだのか?ベンチャー企業で研究経験はどのように活かせるのか?研究者に期待されることとは?普段聞くことのできない、経営者と研究者の”ガチトーク”の中に、あなたのキャリアのヒントがあるかもしれません。

中高生・先生の研究活動を大学・企業で支援する
『教育応援』vol.33

対象:中・高校教員、学校管理職
仕様:A4変型判, 32頁

今回の特集は「研究活動が生み出すさまざまなチャンス」。12月に行われた中高生のための学会「サイエンスキャッスル」の参加校を通して、生徒たちにとって「研究活動」は一体どういう存在になっているのか、そして、研究活動をから、どのようなチャンスが生まれていくのかを見ていきます。「研究活動」の捉え方によって、そこから生まれる可能性は無限に広かっていきます。また、今回、新たに3つの中高生対象の研究費の募集を行っています。ぜひ、一歩、踏み出し、それをチャンスに変えていっていただければと思います。みなさまの挑戦をお待ちしております。

研究者の研究・開発・技術移転を企業と加速する
『研究応援』vol.05

対象:理・工・医・歯・薬・農学系の研究者
仕様:A4変型判, 56頁

本誌のミッションは、みなさまの研究活動をより加速することにあります。最新の研究内容や解析機器、新たなプラットフォームのご紹介等を通じて、研究分野やアカデミアと企業の垣根を超えたコラボレーションを促します。今号の巻頭特集は「iPS細胞を社会へとつなげる最先端研究を知る」です。細胞の品質管理、ゲノム医療、創薬、再生医療などiPS細胞の実用化に向けて欠かせない研究をしている若手研究者を紹介しています。その他、第6回超異分野学会の企画に連動した各種トピックスも盛りだくさんです。ぜひご一読ください。

大企業の新規事業をベンチャー・大学と創出する
『創業応援』vol.05

対象:企業の新規事業担当者
仕様:A4変型判, 32頁

本誌「創業応援」は、ベンチャー企業であるリバネスが、さまざまな大企業との共通の話題「新しいことを興す」ことに関して意見交換をしながら作っていく雑誌です。テクノロジー×創業の分野における大企業のリーダー、投資家、起業家、その他「革命家」を取り上げていきます。さて、1周年を迎えた今号ではTHKの寺町社長に、父子協働での立ち上げ経緯と、そこから導かれた経営哲学を語っていただきました。また、第6回超異分野学会で行われるシンポジウムをより立体的に捉えられる情報を掲載。テックプランターのベンチャー支援をまとめた年表など創業のリアルが手に取るようにわかるページが目白押しです。

<お問い合わせ・ご購入のご希望>
リバネス出版 担当:立花・花里
TEL:03-5227-4198
FAX:03-5227-4199
E-mail:[email protected]

Pocket
LINEで送る

コメントを残す