ホーム イベント 実施報告 3/15 教育総合研究所の...

3/15 教育総合研究所の藤田大悟が理研連携促進セミナーで講演しました

7
0
シェア

2017年3月15日にリバネス教育総合研究所の藤田大悟が埼玉県と理化学研究所の主催の「理研連携促進セミナー」にて、最先端研究の教育現場への可能性について講演をしてまいりました。

セミナーでは、理化学研究所の産官学連携の試みについてお話いただいた上で、理化学研究所から生み出されたポリゴン技術の応用例を紹介されました。教育界からは、川越工業高校の清水校長先生が産業界と連携し、電池で動く電車を開発することを通じて生徒を育成していく事例の報告をいただきました。

藤田からは、リバネスが大学・研究機関や産業界と連携しながら、新たな研究を行いながら生徒の学びにつながる「Reseaech Based Education」の考えを紹介し、理化学研究所でまだ産業まで結びついていないサイエンス&テクノロジーをまずは教育利用して広げていくための流れを作っていくことで、最先端を迅速に世の中に理解してもらうことができると提案させていただきました。

終了後は理化学研究所の見学、交流会もあり研究者、学校の先生方、行政の方、企業の方が活発に連携について議論をすることができました。

今後も最先端の研究を教育現場に迅速に伝えるカリキュラムの開発やその効果の検証について研究をすすめてまいります。

理研連携促進セミナーの案内

 

Pocket
LINEで送る

シェア
前の記事3/14 ヒューマノーム研究所のパネルディスカションを開催@六本木アートカレッジ
次の記事リバネス、協和発酵バイオ・メタジェンと3社共同研究を開始~腸内環境を標的とした健康維持・疾患予防研究の第一歩を踏み出す~
広島生まれ、流山育ち、横浜市都筑区在住。千葉県立東葛飾高校時代には、生徒会長・議長・合唱祭委員長・理科部無線班班長などいろいろ挑戦。科学が大好きで、小さい頃か科学実験や電子工作をしていました。ボーイスカウト富士賞、アマチュア無線2級。大学時代は東工大ScienceTechnoという科学イベントサークルを立ち上げ全国でイベントを実施。日本科学未来館ボランティア1期生で、様々な立ち上げを行う。東京工業大学ではナノマシンでもあるウイルスの構造の研究で修士号取得。現在は株式会社リバネスで教育開発事業を手がける。 国際宇宙ステーションに植物の種をうちあげて、子供達に調査してもらう宇宙教育プロジェクト、等身大のロボットバトルである日テレロボットバトル日本一決定戦、吉本興業とのおもろふしぎラボ、小学生の本格ロボット教室、TEPIA先端技術館などの企画を手がけています。 日本科学未来館のボランティアの立ち上げに関わった関係で、全国ミュージアムの方の知り合いが多い。

コメントを残す