ホーム プレスリリース LMガイドを用いたものづく...

LMガイドを用いたものづくりに挑戦するーサイエンスキャッスル研究費THK賞採択者決定

650
0
シェア

THK株式会社と株式会社リバネスでは、中高生が自らあったらいいなと思うものを創造し、開発する「創造開発型ものづくり」を応援するために「サイエンスキャッスル研究費THK賞」を設立し、THKのもつ「スムーズな動き」を実現するLMガイドを活用した、世の中の課題を解決するものづくりのアイデアを募集しました。2017年3月に募集を開始し、多くの申請をいただきました。
厳選なる審査の結果、以下の10件が採択されましたのでご報告いたします。今後、リバネスとTHK社員がメンターにつき、LMガイドを活用した開発に挑戦してまいります。

超軽減椅子
愛知県立愛知総合工科高等学校 STEM研究会 戌亥 竜一

THK Toilet paper Hoju Kikai (トイレットペーパー補充機械)
郁文館夢学園 STEMゼミ 島村 遼太郎

可動式降雨装置
浦和実業学園中学校高等学校 生物部 米山 慶亮

LMガイドを使ったx-y黒板クリーナー
岡山県立玉野高等学校 2年1組32名 山下 直起

ナーラベ・ロイス
神戸市立科学技術高等学校 機械工作部ROBO 赤尾 祐輔

給仕ロボット ペンちゃん
渋谷教育学園幕張中学校 立崎 乃衣

バーチャルリアリティを実現するための装置の開発
千葉県立東葛飾高等学校 理科部化学班 小西 未来

点字プリンター
東京三育小学校 吉田 光

スマホ撮影補助機材の開発
兵庫県立舞子高校 天文気象部 松下 真美子

LMガイドとラズベリーパイを使った簡易地震計の制作
山梨英和中学校・高等学校 自然科学部 波羅 日菜子

 

Pocket
LINEで送る

シェア
前の記事5/31リバネス グローバルブリッジ研究所所長の武田隆太が台湾最大のスタートアップカンファレンスInnoVEX2017に登壇します
次の記事リバネス、ドローンファンドと業務提携 研究者・町工場と連携し純国産ドローンの開発に乗りだす
藤田 大悟/Daigo Fujita 教育開発事業部 / リバネス教育総合研究センター センター長 広島生まれ、流山育ち、横浜市都筑区在住。千葉県立東葛飾高校時代には、生徒会長・議長・合唱祭委員長・理科部無線班班長などいろいろ挑戦。科学が大好きで、小さい頃か科学実験や電子工作をしていました。ボーイスカウト富士賞、アマチュア無線2級。大学時代は東工大ScienceTechnoという科学イベントサークルを立ち上げ全国でイベントを実施。日本科学未来館ボランティア1期生で、様々な立ち上げを行う。東京工業大学ではナノマシンでもあるウイルスの構造の研究で修士号取得。現在は株式会社リバネスで教育開発事業を手がける。 国際宇宙ステーションに植物の種をうちあげて、子供達に調査してもらう宇宙教育プロジェクト、等身大のロボットバトルである日テレロボットバトル日本一決定戦、吉本興業とのおもろふしぎラボ、小学生の本格ロボット教室、TEPIA先端技術館などの企画を手がけています。 日本科学未来館のボランティアの立ち上げに関わった関係で、全国ミュージアムの方の知り合いが多い。

コメントを残す