【海外研修実施】土浦第一高校Science Explore Group(SEG) ボストン研修を実施しました!

【海外研修実施】土浦第一高校Science Explore Group(SEG) ボストン研修を実施しました!

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:丸幸弘)は、2018年3月22日(木)と23日(金)の2日間、アメリカのボストンにて、茨城県立土浦第一高校の生徒37名を対象に海外研修を実施しました。

土浦第一高校のSEGは、今年で9年目になる同校の海外研修企画で、10日間にわたりワシントン、ボストン、ニューヨークの研究機関や博物館を訪問します。リバネス国際開発事業部では、この企画の後半のボストンでの2日間企画をコーディネートを担当しました。

本研修では、基礎研究から起業に関わる人たちに出会い、ディスカッションをすることによって、最先端の研究への知的好奇心を刺激することにとどまらず、生徒にとって留学というキャリアや、研究と社会の関連について考えることを狙いとしています。

2日間の研修を通して、土浦一高の生徒たちは、ハーバード大やMIT訪問し、医療分野で最先端の研究開発を行う研究者から講演を聞いたり、自分たちで考えた研究アイデアを英語で発表しました。

大学インキュベーション施設訪問の際には、女性の起業家が集まるビジネスプレゼンテーションイベントに参加しました。また、ビジネスに関わる人たちから自分たちのアイデアのフィードバックをもらったり、MEETUPイベントに参加し、たくさんの地域の起業家とディスカッションすることができました。

最終日には、アメリカで留学、もしくは働いている日本人の方々と一緒に夕食を楽しみながら、キャリアや研究に関するお話を聞くことができました。また、両日の終わりには、リバネススタッフによるファシリテーションのもと、1日の体験を言葉にまとめ、他の生徒の経験からも学ぶ時間を設け、訪問時の学びを整理し2日間の行程を終了しました。

(以下、研修の様子)

写真1:(上)ハーバード/MITの研究者の講演(下)研究者へ英語で質問する生徒

写真2:女子高校生起業家のビジネスプレゼンテーションイベントへ参加

写真3:MIT研究者の研究プレゼンテーション

リバネスでは今後も北米に限らず、シンガポールやマレーシアやヨーロッパなど、世界各地で中学、高校、大学向けの海外研修を企画実施していきます。

本件に関する問い合わせは、リバネス国際開発事業部 前田 ([email protected]) もしくは03-5227-4198 までお願い致します。