リアルテックベンチャー・オブ・ザ・イヤー2020表彰式を開催しました

リアルテックベンチャー・オブ・ザ・イヤー2020表彰式を開催しました

株式会社リバネスは、2020年3月6日(金)に大田区産業プラザPiOにてリアルテックベンチャー・オブ・ザ・イヤー2020表彰式を開催し、4社への表彰を行いました。2015年より累計42社を表彰したことになります。本賞は世の中のベンチャーの表彰制度よりもフライングして賞を出し、共に今後成長しようと呼びかけるもので、歴代42の受賞企業は生存率100%です。リバネスは引き続き、受賞企業らと共に活動し、1つでも多くの未解決の深い課題(ディープイシュー)へ挑戦する、科学技術の集合体(ディープテック)を形成して参ります。

以下、授賞式の様子を写真中心に紹介します。これまでの受賞企業や本年の受賞企業についてはこちらをご覧ください

主催挨拶

主催挨拶 リバネス 篠澤

スタートアップ部門

株式会社ポーラスター・スペース
代表者:高橋 幸弘
ビジョン:オンディマンドのリモートセンシングで異次元の頻度と精度を実現し、ソリューションを提供
コア技術:超小型衛星、ドローン、スマホ分光器等によるスペクトル・リモートセンシング

同社取締役 高橋幸弘氏によるプレゼン

MI-6株式会社
代表者:入江 満
ビジョン:100年後のアタリマエを実現する
コア技術:材料開発に革新と効率をもたらすマテリアルズ・インフォマティクス

同社執行役員 入江氏によるプレゼン

 

株式会社Eco-Pork
代表者:神林 隆
ビジョン:持続可能な養豚を、日本から!
コア技術:養豚経営管理ソフトウェア「Porker」を始めとした、養豚の自動最適化システム

同社代表取締役 神林氏によるプレゼン

 

グロース部門

株式会社Fulldepth
代表者:伊藤 昌平
ビジョン:Dive into frontier
コア技術:水中300mまで潜行可能な産業用水中ドローン「DiveUnit 300」

同社代表取締役社長CEO 伊藤氏によるプレゼン

 

受賞企業とプレゼンター

Wrap-up スピーチ

株式会社リバネス 代表取締役 グループCEO 丸幸弘

 

photo by 漆原未代