役員紹介

取締役

IMG_3900 (1)

代表取締役 グループCEO
Chief Executive Officer

丸 幸弘

Yukihiro Maru

東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命工学専攻博士課程修了、博士(農学)。
2002年大学院在学中に理工系大学生・大学院生のみでリバネスを設立。日本初「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化。大学・地域に眠る経営資源や技術を組み合わせて新たな知識を生み出す「知識製造業」を営み、「知識プラットフォーム」を通じて200以上のプロジェクトを進行させる。町工場や大手企業等と連携したアジア最大級のベンチャーエコシステムの仕掛け人として、世界各地のディープテックを発掘し、地球規模の社会課題の解決に取り組む。株式会社ユーグレナをはじめとする多数のベンチャー企業の立ち上げにも携わる。
主な著書は『ディープテックDeepTech 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」』(日経BP)、『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。』(日本実業出版社)など。

【兼務】
リアルテックホールディングス株式会社 代表取締役
株式会社ユーグレナ 専門役員CRO
株式会社MANN 取締役

【経営顧問】
株式会社アグリノーム研究所、株式会社グローカリンク、株式会社オリィ研究所、株式会社チャレナジー、株式会社レリクサ、株式会社メタジェン、DXHR株式会社、等。

IMG_3898 (1)

代表取締役社長 COO
Chief Operating Officer

髙橋 修一郎

Shuichiro Takahashi

東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了、博士(生命科学)。リバネスの設立メンバー。リバネスの研究所を立ち上げ、研究支援・研究開発事業の基盤を構築した。これまでに「リバネス研究費」や未活用研究アイデアのプラットフォーム「L-RAD」など、独自のビジネスモデルを考案し、産業界・アカデミア・教育界を巻き込んだ事業を数多く主導している。2010年より代表取締役社長COO。

【兼務】文部科学省中央教育審議会大学分科会大学院部会委員、文部科学省科学技術・学術審議会人材委員会委員、文部科学省次世代アントレプレナー育成事業推進委員、法政大学兼任講師、株式会社バイオインパクト顧問、等。

2E9A8108-Edit (1)

代表取締役社長 CKO
Chief Knowledge officer

井上 浄

Joe Inoue

東京薬科大学大学院薬学研究科博士課程修了、博士(薬学)、薬剤師。2002年、大学院在学中に理工系大学生・大学院生のみでリバネスを設立。博士過程を修了後、北里大学理学部助教および講師、京都大学大学院医学研究科助教、慶應義塾大学特任准教授を経て、2018 年より熊本大学薬学部先端薬学教授、慶應義塾大学薬学部客員教授に就任・兼務。研究開発を行いながら、大学・研究機関との共同研究事業の立ち上げや研究所設立の支援等に携わる。多くのベンチャー企業の立ち上げにも携わり顧問を務める。

【兼務】経済産業省未来の教室とEdTech研究会委員、経産省産業構造審議会委員、JST SCORE-大学推進型委員会委員、NEDO技術委員、武蔵野大学アントレプレナーシップ学部客員教授、株式会社ヒューマノーム研究所顧問、株式会社メタジェン特別顧問、株式会社サイディン技術顧問、株式会社BIOTA技術顧問 他。

IMG_3894

取締役CFO
Chief Financial Officer

池上 昌弘

Masahiro Ikegami

東京工業大学生命理工学部卒業。技術経営修士(MOT)。2002年6月に株式会社リバネスを立ち上げ、取締役CFOに就任。これまでに50社以上のベンチャー企業のコーポレート、ファイナンス面を支援。2014年12月より大学発の研究開発型ベンチャーに特化した投資ファンド、リアルテックファンドの運営会社の業務執行役、2020年1月より株式会社リバネスキャピタルの代表取締役に就任。

IMG_3899

取締役CIO
Chief Information Officer

吉田 丈治

George Yoshida

東京工業大学大学院総合理工学研究科修了、修士(工学)。リバネスの設立から参画し、プロモーション・メディア開発事業、マーケティング事業等を手掛け2004年に専務取締役CMOに就任。その後2014年に現職CIOに就任。Google Workspace、Salesforce、Slack等のSaaS導入を手掛けた。2019年より事業へのAI活用を開始。Salesforceの主催する世界的カンファレンスDreamforce2019のEinstein KeynoteにAI活用事例として登壇。同じく2019年にはリバネスのユーザシステムである「リバネスID」をリリース。2021年にはリバネスIDを基盤とするメディアサイト「LID media」をリリースするなど、ITインフラの実装・活用によってリバネスを加速させている。

Salesforce Einstein Champion (2019〜)
Dreamforce 2019 Einstein Keynote Speaker: Salesforce社によるイベントレポート

IMG_3896

取締役CLO
Chief Legal Officer

佐野 卓郎

Takuro Sano

東京薬科大学薬学部卒業、薬剤師。MBA。リバネスの設立から参画し、教育事業、出版事業、地域開発事業等を手掛ける。リバネス出版の設立、高校生向けサイエンス誌<someone>を立ち上げ、文部科学省共催サイエンスカフェプロジェクト統括などを行う。ライナ株式会社、株式会社グローカリンクなど関連会社の設立・運営にも携わる。

IMG_3893

取締役CPO
Chief Project Officer

吉田 一寛

Kazuhiro Yoshida

立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科博士前期課程修了、修士(技術経営)。東京大学工学部在学中にインターンシップとしてリバネスに参画。2009年に役員となり経営に参画。大阪・沖縄を含めた西日本拠点の立ち上げ、および国内各地域での事業展開を推進。中高生のための学会<サイエンス・キャッスル>の立ち上げにも携わった。

【兼務】成光精密株式会社 取締役

執行役員

hasegawa_181203_002

執行役員CMO
Chief Manufacturing Officer

長谷川 和宏

Kazuhiro Hasegawa

東京都立大学大学院工学研究科修士課程修了、修士(工学)。修士1年よりリバネスに参加し、その後リバネス初の新入社員として入社。人材開発事業部を立ち上げ、2012年より執行役員に就任。TECHPLANTER事業やリアルテックファンドの立ち上げ、スタートアップと町工場の連携事例構築、インキュベーション施設「センターオブガレージ」の開設や中堅中小企業の新規事業創出支援などを主導。
【兼務】リアルテックホールディングス 取締役副社長、株式会社グローカリンク 取締役、株式会社NEST iPLAB 取締役、株式会社木幡計器製作所 取締役。

松原尚子 (1)

執行役員CBO
Chief Branding Officer

松原 尚子

Naoko Matsubara

東京農工大学大学院農学府生物生産科学部門修了、修士(農学)。研究開発事業からキャリアを開始し、経営管理、地域開発、教育開発など様々な事業分野を渡り歩く。2009年より沖縄事業所の立ち上げに携わる。大手企業クライアントを含む新規事業の立ち上げや戦略的運営を担うと同時に、ベンチャー企業の設立支援なども行う。

【兼務】株式会社リバネスキャピタル取締役。

tsukashu

執行役員CRO
Chief Revenue Officer

塚田 周平

Shuhei Tsukada 

東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命工学専攻博士課程修了。博士(農学)。設立初期の2003年よりリバネスの運営に参画。実験教室、各種ライティングの実践を積んだ後、アグリ分野の先進技術開発・導入、地域創業エコシステム構築事業の立ち上げを行う。大手・中堅企業やベンチャー、研究者等との連携による技術開発、事業開発に現場主義でコミットしている。

htakahashi 2

執行役員

高橋 宏之

Hiroyuki Takahashi

2009年横浜市立大学大学院博士後期課程修了。博士(理学)。40歳以下の若手研究者を対象にした「リバネス研究費」の立ち上げなど、産業界と若手研究者との間で新たな研究プロジェクトを生み出すことを中心に従事。さらに、アカデミアの枠組みにとらわれずに個々人の知識、技術、課題解決に対するパッションを合わせることで、新たな知識、研究開発のタネを生み出す場、「超異分野学会」を仕掛け続けている。

【兼務】株式会社NEST iPLAB 取締役。

shinozawa

執行役員

篠澤 裕介

Yusuke Shinozawa

東京大学大学院農学生命科学研究科修了(農学修士)。2008年PR会社を経て2009年よりリバネスに入社。同年、リバネスとして初の海外事業となる大学院生向けシリコンバレー研修を立ち上げる。2012年よりメディア開発事業を立ち上げ、第13回抗加齢医学会総会の事務局、マンガ「新抗体物語」の監修などを行った。2013年より、シードアクセラレーション事業「TECH PLANTER」を立ち上げる。日本国内外における大企業とスタートアップの連携構築の仕組みを構築し、新規事業創出や産学連携事業などを行う。2015年より投資育成研究センターを立ち上げ、リアルテックファンドでグロースマネージャーに着任、主な担当領域をバイオ・海洋として経営・事業化の支援を行う。2017年より、日本財団と連携し、海洋教育、起業家人材育成、海底探査技術開発のプロジェクトを立ち上げ。2018年より、創業開発事業部長。起業でなく「創業」をテーマに活動を開始。2021年より執行役員。人材開発事業部を担当。

zE9xGv1lRySZl%ckQ6zFjg_thumb_349

執行役員

武田 隆太

Ryuta Takeda

米国オハイオ州立大学にて、植物RNA病原体に関する研究を行い、Ph.D.取得。2011年よりリバネスアメリカの立ち上げに参画し、2012年にリバネス入社。人材開発事業部部長、国際開発事業部部長、グローバルブリッジ研究所・所長を歴任。2013年以来、国内でシードアクセラレーション事業として立ち上げた「TECH PLANTER」の海外展開を推進している。現在は、海外のベンチャーエコシステムのキープレイヤーのネットワークを活かし、特に東南アジア諸国の政府系機関やベンチャーと連携した事業立ち上げに携わる。

【兼務】Leave a Nest America Inc. 取締役

海外ブランチ代表

tokuepic

リバネス・シンガポール 代表

徳江 紀穂子

Kihoko Tokue

hakimpic

リバネス・マレーシア 代表

Abdul Hakim Bin Sahidi

 

LVNS_Yev

リバネス・フィリピン 代表

Yevgeny Aster T. Dulla

 

ueno003

リバネス・アメリカ 代表

上野 裕子

Yuko Ueno

maekawapic

リバネス・イギリス 代表

前川 昇平

Shohei Michael Maekawa