マリンチャレンジプログラム2020年度全国大会を実施しました。 最優秀賞は、ハクセンシオマネキの行動を自作プログラムで解析する黒木 美花さん(宮崎北高等学校)らのチームへ

マリンチャレンジプログラム2020年度全国大会を実施しました。 最優秀賞は、ハクセンシオマネキの行動を自作プログラムで解析する黒木 美花さん(宮崎北高等学校)らのチームへ

 株式会社リバネスは、日本財団とともに人と海との未来を創り出す仲間づくりのため、海・水産分野・水環境にかかわるあらゆる研究に挑戦する中高生研究者を対象に、研究資金助成や研究アドバイザーによるサポートを行う「マリンチャレンジプログラム」を2017年度より開始しました。

2021年3月7日(日)、2020年度プログラムの最終成果発表会として「マリンチャレンジプログラム2020全国大会 〜海と日本PROJECT〜」を実施しました。本大会は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Web会議ツール「Zoom」を用いたオンラインでの大会実施となりました。当日は、オンライン上で5つの地区ブロック大会で全40チームから選抜された15チームによる口頭での研究発表が行われ、審査によって最優秀賞および各賞を決定しました。各発表者からは、地区ブロック大会後の研究成果をしっかりと見せる、熱意あふれる発表が行われました。 

発表テーマおよび各賞は以下の通りです。

No 研究テーマ 研究代表者・学校名 都道府県 受賞名
1 魚類の色覚と学習能力について 福岡 寛騎

熊本県立第二高等学校

熊本県
2 魚類の性転換が引き起こす生体内外の変化と性識別への応用 皆川 優生

浅野中学・高等学校

神奈川県
3 牡蠣殻を用いて干潟の生物多様性を回復する手法の確立に向けて 六車 心音

岡山学芸館高等学校

岡山県 日本財団賞
4 タナゴ属の人工的産卵装置の開発 ~イタセンパラ保護のために~ 安藤 匠

愛知県立一宮高等学校

愛知県
5 ハクセンシオマネキのウェービング 画像解析と信号処理による分類 黒木 美花

宮崎北高等学校

宮崎県 最優秀賞
6 外来種タイワンシジミの河川移動 中村 彰吾

浜松学芸高等学校

静岡県
7 クラゲの大量発生抑制に関する研究 杉本 凌哉

文京区立音羽中学校

東京都 イノカ賞
8 扁形動物門単生類と宿主魚類の分子系統学的研究 ~宿主と寄生虫の共進化の可能性を探る~ 西尾 彩里

白陵中学・高等学校

兵庫県
9 シロアリが日本を救う!?~シロアリが魚体に及ぼす影響~ 横河 智之

清風学園

大阪府
10 ハスノハカシパンの累代飼育 髙橋 敬史

聖ウルスラ学院英智高等学校

宮城県 JASTO賞
11 モクズガニの遡上に影響を与える堰の条件の解明 田中 宏樹

金光学園中学・高等学校

岡山県
12 天然物に含まれるジャンボタニシの誘引・忌避物質の探索および特定 岸田 悠佑

和歌山工業高等専門学校

和歌山県
13 ホンベラの砂潜り行動を誘発する要因は何か? 小林 空美

新潟県立柏崎高等学校

新潟県
14 キンチャクガニと保持されるイソギンチャクに関する研究 榊原 聖瑛

サレジオ学院中学 高等学校

神奈川県
15 藻類を用いた汚染水処理を目指して~福島の海に汚染水を流さないために~ 根本 佳祐

福島成蹊高等学校

福島県 リバネス賞

 

<受賞理由>

最優秀賞「ハクセンシオマネキのウェービング 画像解析と信号処理による分類」

今まで目視で行われていた研究を、自ら画像解析ソフトを作成することで、きれいなデータを取っていた。

海の生物の行動をデータ化する上で、お手本となる研究なので、今後他の学校の研究にも参考にしてもらいたい。

 

日本財団賞「牡蠣殻を用いて干潟の生物多様性を回復する手法の確立に向けて」

学校近くのフィールドでの研究なので、これから何世代も継続的な研究を行っていってほしい。また瀬戸内海は今後の海に関する活動の中でも、世界的に重要なポイントとなってくるため、これから、その中で重要な役割を担っていってもらいたい。

 

JASTO賞「ハスノハカシパンの累代飼育」

学校の理科の授業で習うウニの発生について、新たな可能性を示していた。

実験系を完成して、ぜひ教育界に発信していってほしい。

 

リバネス賞「藻類を用いた汚染水処理を目指して~福島の海に汚染水を流さないために~」

我々の生活に大きな影響を与えた震災から10年経ちました。当時、現地にいて小学生だった彼らがその中で自分で何ができるか考え、解決に向けて手を動かしている。

我々としてもその想いをサポートしたい。

 

イノカ賞「クラゲの大量発生抑制に関する研究」

クラゲに対する愛が深く、一生クラゲの研究を行うことがヒシヒシと感じられた。ぜひ今後一緒に研究を行いたい。

 

<全国大会実施概要>

大会名:マリンチャレンジプログラム2020 全国大会〜海と日本PROJECT〜                             

日 時:2019年4月19日(日)10:00~17:30

場 所:オンラインにて開催

内 容:全国大会選出チームによる研究発表、交流会

参加者:全国大会選出チーム15チーム、その他見学者

主 催:公益財団法人日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス

 

審査員:

氏名 所属 肩書
審査員長 西山 哲史 株式会社リバネス 教育開発事業部 部長
審査員 海野 光行 日本財団 常務理事
審査員 都筑 幹夫 一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構

東京薬科大学 生命科学部

代表理事

名誉教授

審査員 生野 孝 東京理科大学 基礎工学部電子応用工学科 准教授 
審査員 高倉 葉太 株式会社イノカ  代表取締役CEO

 

当日の要旨集のデータはこちらです。

 

◎マリンチャレンジプログラムについて

マリンチャレンジプログラムの実施概要や全国の採択チーム・研究テーマ一覧は、Webサイトからご覧いただけます。

https://marine.s-castle.com/

また全国大会に出場したチームのバックストーリーはこちらで確認できます

https://marine.s-castle.com/other/

 

マリンチャレンジプログラムは「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。

 

<お問い合わせ先> 株式会社リバネス 担当:滝野

Email: [email protected] Tel: 03-5227-4198