• HOME
  • 【1/28(金)14:00 オンライン】第七回地域産業創出セミナー「デジタル技術による治具設計の半自動化が、町工場のものづくりを加速させる」の聴講者募集

【1/28(金)14:00 オンライン】第七回地域産業創出セミナー「デジタル技術による治具設計の半自動化が、町工場のものづくりを加速させる」の聴講者募集

【1/28(金)14:00 オンライン】第七回地域産業創出セミナー「デジタル技術による治具設計の半自動化が、町工場のものづくりを加速させる」の聴講者募集

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役グループCEO:丸幸弘、以下「リバネス」)は、2021年度関東経済産業局委託事業「令和3年度戦略的基盤技術高度化・連携支援事業(価値創造チャレンジ事業)」の一環として、2022年1月28日(金)に第七回目となる「地域産業創出セミナー」をオンラインにて開催します。
本セミナーは、スタートアップ企業との連携を通じた地域中堅企業の新規事業創出を目的に、こうした連携実績を持つ地域中堅企業とスタートアップによるトークセッション等を行うものです。本事例に興味のある地域中堅・中小企業、自治体、大学、金融機関の皆様はぜひ視聴申し込みください。
本事業の概要及び2020年度の成果実績等はこちら(関東経済産業局HPへ)

【開催内容】
今回は精密部品加工の技術・経験を活かし、世界のものづくりの課題解決や、他の町工場、ベンチャー、研究者と共にアイデアの具現化を支援する「成光精密株式会社」と、3Dプリンティング技術と既存製造業の調和を目指し、次世代のサプライチェーンを構築することを目指す「株式会社3D Printing Corporation」の連携について紹介します。特に今回は、安定した部品製造を行う上で重要でありながらも、匠の技術を要する治具設計から製造までの過程を約1000倍の速度まで高速化させることに成功させた背景、現在両者で進めている事業、事業を進める中で乗り越えた課題、今後への期待など、株式会社リバネス 製造開発事業部 長伸明を交えたトークセッションで掘り下げて紹介していきます。
開催形式:オンライン開催
日時   :2022年1月28日(金)14:00-15:00
対象  :地域中堅・中小企業、自治体、産業支援機関、大学、地域金融機関など

時間 内容
14:00-14:05 【主催者挨拶】関東経済産業局
14:05-14:10 【趣旨説明】株式会社リバネス
14:10-14:50 【トークセッション】「デジタル技術による治具設計の半自動化が、町工場のものづくりを加速させる」

パネラー:成光精密株式会社 代表取締役 高満 洋徳 氏
パネラー:株式会社3D Printing Corporation 取締役CTO 古賀 洋一郎 氏
パネラー:公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC横浜)
経営支援部 イノベーション支援担当部長 加藤 盛司 氏
経営支援部 イノベーション支援担当職員 熊田 俊介 氏
モデレーター:株式会社リバネス 製造開発事業部 長 伸明

14:50-15:00 【質疑応答】

 

 

 <登壇者ご略歴>

成光精密株式会社 代表取締役 高満 洋徳 氏

1976年生まれ岡山県出身。2001年に大阪市港区で産業用工作機械の部品加工業を始める。2007年に法人化(社名:成光精密株式会社)現在、プロトタイプ品を主に製作。
オープンイノベーションによる新しい製品の企画・開発に向けて、多様な企業、大学・研究機関等と交流を行う拠点としてGarage Minato(ガレージミナト)を立上げ、DeSETプロジェクトへ参画し、世界のものづくりの課題を解決すべく取り組む。

株式会社3D Printing Corporation 取締役CTO 古賀 洋一郎 氏

東京工業大学にて日本初のCFRP3Dプリント研究にて博士号を取得。その後、学術系3DPコミュニティ、Composite2.0ワークショップの立ち上げ、4D and Functional Fabrication委員を実施。その他国家プロジェクトとして、国土交通省 建築技術研究開発助成制度等を活用し、3Dプリンターを活用した製造プロセスのアップデートに取り組む。
学術論文
○ Open Journal of Composite Materials Most Popular Paper選出
○ Composite Structures “Three-dimensional printing of locally resonant carbon-fiber composite metastructures for attenuation of broadband vibration”

公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC横浜)
経営支援部 イノベーション支援担当部長 加藤 盛司 氏
経営支援部 イノベーション支援担当職員 熊田 俊介 氏

経営支援部 イノベーション支援担当部長 加藤 盛司 氏
(写真左)
民間企業を経て1991年に入社。
横浜市の融資事業、金融機関等との連携事業、創業や女性起業家支援事業などに携わり、現在は主にものづくり企業への支援を担当。

経営支援部 イノベーション支援担当職員 熊田 俊介 氏
(写真右)
都内私立大学経済学部を卒業後、国内政府系金融機関勤務、海外での教育業界勤務等を経て、
2015年 IDEC横浜に入社。
海外展開支援、国内製造業支援に携わり、
現在、インキュベーション施設での入居企業の成長に向けた支援を担当。

公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC横浜)について
中小企業支援法に基づき設立された横浜市の「中小企業支援センター」。横浜経済の活性化と地域社会の健全な発展に寄与することを目的に、中小企業等への総合的かつ継続的な支援事業のほか、産業関連施設の管理運営を行っている。

株式会社リバネス 製造開発事業部 長 伸明

大阪大学大学院知能機能創成工学専攻修了(工学修士)。2016年株式会社リバネスへ入社。国内外の各種ベンチャーの構想設計・プロトタイピング〜量産に至るまでの製造の伴走を行う。併せて、大企業とベンチャーとの連携事業の創出にも携わっている。
ベンチャーの社会実装を加速させるための製造にまつわる知識の整理や発信も多く実施している。

 

 ■オンライン聴講参加申込みはこちら■ (〆切ありません。ライブ配信中でも参加申込可能です )

 

申込ページにて、リバネスIDに登録のうえ (無料)お申込みください。

 

<リバネスIDのログイン後のページ画面>

「参加募集中のイベント」>「地域産業創出セミナー」へとお進みください

 

<視聴URLのご案内タイミングについて>

申込者へは申込時点24時間前2時間前に 視聴 URL(リバネス放送局)をお送りさせていただきます。

 

※視聴につきましては、リバネス放送局利用約款へのご理解ご協力をお願いします。特に重要な第3条のみ以下へ抜粋いたします。

第3条(受講のためのシステム要件等)

  • 本イベントには当社所定のシステムを利用します。受講に必要なシステム(パソコン等のハードウェア、ブラウザ等のソフトウェア、通信環境等)は、受講者の負担及び責任において準備及び維持するものとします。
  • 本イベントの推奨環境はこちらをご確認下さい。
    • (1)パソコンでのご利用の場合
      • (ⅰ)Microsoft Edge 最新版
      • (ⅱ)Firefox 最新版
      • (ⅲ)Google Chrome 最新版
      • (ⅳ)Safari 最新版
    • (2)スマートフォンでのご利用の場合
      • (ⅰ)iOS(Safari) 最新版
      • (ⅱ)Android(Google Chrome) 最新版
    • (3)1.5 Mbps 以上のインターネット接続

 

<プライバシーポリシーについて>

※当ウェブサイトにて収集する個人情報の取扱等については、関東経済産業局の

プライバシーポリシー(リンク先:https://www.kanto.meti.go.jp/i/ikenbox/)に準じています。

 

過去のアーカイブ配信は、各回の実施報告ページからご覧いただけます。

【実施報告】第一回地域産業創出セミナー「板金加工企業が革新的設計技術のスタートアップと仕掛ける新規事業とは」を実施しました

【実施報告】第二回地域産業創出セミナー「自動車用量産機器製造の中堅企業が、スタートアップとの連携で異分野への進出を加速」を実施しました

【実施報告】第三回地域産業創出セミナー「材料系スタートアップの量産課題を中堅企業の技術で支援し、電子機器の放熱性課題解決」を実施しまし

【実施報告】第四回地域産業創出セミナー「水道インフラの中堅企業が、ドローンスタートアップとの連携で点検を効率化」を実施しました

【実施報告】第五回地域産業創出セミナー 「培養肉スタートアップと、試作支援の浜野製作所が持続可能な食産業を創造する」を実施しました

【実施報告】第六回地域産業創出セミナー 「大型3Dプリンターが、中堅企業の自動車部品製造を加速する」を実施しました

本事業に関する問合せ

・株式会社リバネス 地域開発事業部  担当:伊地知 、小玉

・TEL 03 – 5227- 4198  Mail:[email protected]