R4年度サイエンストレーニングプログラム業務(主催:茨城県教育庁)を受託、つくばサイエンス高校にて起業家精神(アントレプレナーシップ)をもつ生徒の育成をめざし、教育開発を実施します

R4年度サイエンストレーニングプログラム業務(主催:茨城県教育庁)を受託、つくばサイエンス高校にて起業家精神(アントレプレナーシップ)をもつ生徒の育成をめざし、教育開発を実施します

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 COO:髙橋 修一郎、以下「リバネス」)は、茨城県教育庁(https://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/)からの公募「令和4年度サイエンストレーニングプログラム業務委託」に係る企画提案に応募し採用され、R5年度に開校する「つくばサイエンス高等学校」における新たな学びの実現にむけ、教育プログラムの開発を行います。

■つくばサイエンス高等学校とは:

現在のつくば工科高等学校を改編し、R5年度に開校する県立高校。県内唯一の科学技術科を擁し、研究者や高度技術者、起業家などを目指す生徒の学びの場となることをねらい設置された。探究活動や主体的・協働的な学びを推進し、豊かな人間性を備え、多様な人々と協働しながら知識・技術の習得や研究活動に励むとともに、社会を動かすための新たな価値を

創造する「起業家精神」をもつ生徒を育てていく。

所在地:つくば市谷田部1818

参考:つくばサイエンス高校ウエブサイト

    茨城県教育庁 県立高等学校改革プラン

    令和5年度開校IT未来高校・つくばサイエンス高校の学校概要 

 

■サイエンストレーニングプログラムとは:

つくばサイエンス高等学校の開校に先立ち、同校がR4年度から提供する中高連携プログラム。茨城県内の中高生を対象に、科学技術への知的好奇心、探究心の向上をはかるオンライン講座や体験講座からなる。

参考:サイエンストレーニングプログラムウエブサイト

リバネスでは本公募に対し、これまで行ってきたエンジニアリング教育やNEST教育における教育思想やカリキュラム、茨城県内で行ってきたアントレプレナーシップ(起業家精神)を育む教育活動等の実績や、リバネスとともに教育活動を行う20代アントレプレナーのネットワークを活かし企画提案を行いました。2022年10月にはその第一弾となるオンラインプログラムをリリースする予定です。また、2022年8月6日に行われるつくばサイエンス高等学校の学校説明会において、開発したプログラムの一部を紹介します。

学校説明会へのお申し込みはこちら(7月4日より受付開始)

 

関連リリース)

【リバネス20周年記念企画・第9弾】20代のベンチャー創業者12人と共に、 中学・高校生向けのアントレプレナーシップ教育を開始

令和4年度 IBARAKIドリーム・パス事業業務を受託、高校生等へのアントレプレナーシップの育成に取り組みます

参考ウエブサイト)

エンジニアリングエデュケーションプログラム「情熱・先端 Mission-E」(日鉄エンジニアリング株式会社)

 

ものづくり0. (THK株式会社)

 

小中学生の才能発掘研究所「NEST LAB.」(株式会社NEST EdLAB)

問い合わせ:
株式会社リバネス 教育開発事業部 花里・前田   [email protected]