リバネスからインターン希望者へのメッセージ

  • サイエンスの魅力を多くの人に伝えたい。
  • 研究経験を活かしながら、もっとスキルアップしたい。
  • 自分が本当にやりたいことを見つけたい。

そんなあなたの想いを実現できるのが、リバネスのインターンシップ。社会へと巣立つ第一歩を、ここから踏み出してみませんか?

インターンシップの現場より

日曜日をリバネスのインターンシップに使ってみないか?

リバネスのインターンシップは、日曜日に行われます。

何故って、理系学生は平日研究室に行っているのが常だから。

同様に過ごしている理系学生たちと一緒に、インターンシップに参加してみませんか?

こんな学生が参加しています

所属

東京大学・東京工業大学・お茶の水女子大学・筑波大学・首都大学東京・法政大学・東京薬科大学・社会人

京都大学・大阪大学・大阪市立大学・同志社大学・奈良先端科学技術大学院大学・近畿大学     ほか

 

参加動機

  • 社会人としての経験を積みたい
  • 新しいことを企画して、実行する力を養いたい
  • 自分の研究を後輩たちに伝えたい
  • ライティングの力を磨きたい
  • 将来、教育現場に携わりたい
  • 博士課程に進んだけれども、企業での経験も積みたい

普段はこんな活動をしています

リバネスの仕事は多種多様。大学の中や、アルバイト先、これまで過ごしてきた教育現場、などで何か課題に思っていることはありませんか?自分の興味や課題意識にあわせて 以下の活動の企画・運営を社員と一緒に行います。クライアントの要望や、自分たちで伝えたいことを踏まえて、1つ1つの企画に新しいアイデアを加えて実施まで行っています。新しい企画を自分で立ち上げ、実行することも、可能です。

◆実験教室運営

学校・科学館などで子どもたちに最先端科 学技術への入り口をつくります。

実験教室の運営

◆雑誌制作

高校生向けサイエンス雑誌 『someone』や 研究キャリア 応援マガジン 『incu・be』 な どの制作を通し て広く最先端科 学と研究キャリ アを発信していきます。

incube

someone

◆スクール教室運営

小学生向けロボット教室『ロボティクス研究所』や小学生のための生命科学研究所『ディスカバリー研究所』の運営で小学生の科学 的・技術的力を養います。

IMG_1215

◆キャリアイベント運営

大学生のキャリアを考えるイベントを通して 多様な研究キャリアを開拓します。学生団体とコラボレーションしたセミナーや大人向けのバイオハッカー講座、知識創業研究センターを利用したセミナー等を実施しています。

IMG_0356

◆教員研修・キット制作

実験教室の経験を積んだ方は、学校の先生に最先端の科学研究について紹介する、教員研修や、学校向けキットの新規開発などにも関わることができます。
大学の先生・企業とつくる教育現場向けサイエンスキット:Feel So Science

kyouin

◆Tech Planグランプリ・超異分野学会、CSRシンポジウム リバネスの各イベントの企画運営

リバネスが仕掛ける各種イベントの運営ノウハウなどが学べます。

tech3

skillmassage

 

リバネスのインターンシップでは、研究者が科学技術を社会や産業に活かすために必要なスキルを身につける講座を行っています。講座は、基礎編と応用編の2部で構成されています。

 

基礎編

基礎編では、プレゼンテーションスキル、リーダーシップスキル、マネジメントスキルといった社会人として必要不可欠なスキルに合わせ、サイエンス・ブリッジ・コミュニケーションスキル、サイエンス・ブリッジ・ライティングスキルといった科学を分かりやすく伝えるスキルも身につけることができます。基礎編をすべて履修し、面接を経ると「サイエンスブリッジリーダー(SBL)」の資格を得ることができます。
なお、リバネスではこの講座で学んだことを活かし、科学について、子どもから分野の異なる専門家まで様々な対象に伝えるためのインターンシップを行っています。

スキル基礎編2

サイエンスブリッジコミュニケーター®

近年、科学技術が急速に発展する一方で、研究者と市民との間の知識格差は広がっているのが現状です。今後、最先端の科学技術が社会に根付き、私たちに豊かな生活をもたらしていくものとなるためには、研究現場から社会への橋渡し役が必要といえます。

リバネスでは、先端科学に関する正しい知識を身につけ、社会に向けて分かりやすく伝えること(サイエンス・ブリッジ・コミュニケーション)のできる人材を「サイエンスブリッジコミュニケーター®」と位置づけ、その育成講座を実施しています。
本講座では、特に「話して伝える」ことにフォーカスを置き、実験教室やサイエンスショーの企画、運営を通して、対象に合わせたコミュニケーション、プレゼンテーションのスキル、チーム運営のためのマネジメントやリーダーシップマインドを高めます。

サイエンスブリッジライター®

研究者と市民の知識格差の拡大が懸念される中、最先端科学の情報を広く社会に向けて発信する媒体の影響力は大きく、また一般市民の科学技術への正しい理解を図るためにも重要な役割を果たしているといえます。

株式会社リバネスでは、科学技術に関する適切な知識・情報を、対象者の視点に合わせた文章でわかりやすく伝え、さらには媒体となる出版物を企画・制作すること(サイエンス・ブリッジ・ライティング)のできる科学技術と社会・一般市民との架け橋となる人材を「サイエンスブリッジライター®」と名づけ、その育成講座を実施しています。

本講座では、雑誌制作の企画、運営を通して、書いて伝えるライティングスキルのほかリーダーシップマインドも磨きます。

someone03

応用編

応用編では、サイエンス・ブリッジ・リーダーとしてのスキルを活用し、雑誌の編集長(一部プロデュース含む)や新規プロジェクトの立ち上げなど、仕事をコーディネートしたり、作り出すトレーニングなどを行います。(OJTプログラムを含みます) 応用編をすべて履修し、面接を経ると「サイエンスブリッジマネージャー(SBM)」の資格を得ることができます。

リバネスは、このすべての講座により学んだ人材が、未来に新たな価値を創出するイノベーターとして活躍することを期待しています。

SBL_概念図

参加条件

参加期間:半年以上2年以内、基本的に毎週日曜日に参加できること

参加者 :学部3年生以上を推奨

開催場所:リバネス関東本社(東京)/リバネス関西事業所(大阪)

給与  :取材・雑誌媒体への記事制作費/実験教室当日の人件費・交通費のみ支給

インターンシップスタートまでの流れ

1. エントリー

まずは、エントリーフォームに必要事項を記入してエントリー。リバネスのスタッフから、面談の日程調整に関するメールが届きます。

※ リバネスでは、原則として毎週日曜日に面談を行っています。日曜日にご都合がつかない方は、その旨をご連絡下さい。

2. 面接・見学

リバネスのインターンシップに関する説明とともに、専門分野(学部生の場合は希望する分野)とリバネスでやりたい事をお伺いします。 お互いに対する理解を深めた上で、改めてインターンシップに対する希望を確認します。その上で実際にインターンシップの様子を見学していただきます。
※ 東京でのインターンシップをご希望の方は東京本社、大阪でのインターンシップをご希望の方は関西事業所での面談となります。

3. 合否通知

面談から1週間以内にリバネスから合否についてのご連絡を差し上げます。
合格者の方には、別途参加開始時期、参加時に必要な書類についてご連絡いたします。

4. インターンシップ開始

必要書類のご提出をいただいた後は、いよいよインターンシップの開始です。興味に応じたプロジェクトに参加して、あなたのやりたい事を実現してください!

インターンシップ卒業生の進路

リバネスを巣立った人材はアカデミア、企業、学校現場など、幅広い場所で活躍しています。

株式会社バンダイ カゴメ株式会社 キヤノン株式会社 味の素株式会社 カルピス株式会社 アサヒビール株式会社
三洋電機株式会社 株式会社丸永 アストラゼネカ株式会社 中外製薬株式会社 三菱ウェルファーマ株式会社 アビームコンサルティング株式会社
SAPジャパン株式会社 日本ユニシスソリューション株式会社 マッキンゼー&カンパニー アクセンチュア株式会社 栗原国際特許事務所 青山学院大学高等部
立教大学理学部CBLS 総合メディカル株式会社 株式会社丸紅 三菱商事株式会社 株式会社Z会 株式会社羊土社
共立出版株式会社 株式会社リクルート 東京大学 京都大学 北里大学 慶応大学
国立遺伝学研究所 UCLA UCアーバイン ほか

よくあるご質問

Q1. 毎週日曜日に参加しなくてはならないのですか?

基本的には、毎週日曜日の参加が原則になります。ただ、研究やその他事情がある場合には、事前に申請した上で欠席することも可能です。また、論文投稿や、学会など長い期間の休みをとりたい場合も、長期休暇をとることができます。これまでにも、論文投稿前に2ヶ月程度の休みを取った方や、薬剤師の国家試験で1年間の長期休暇を取った方などもいます。

Q2. 分野は問わないのですか?

どんな分野の方でも大丈夫です。DNA鑑定や遺伝子組換えなどのバイオ系の実験教室のほかに、燃料電池教室やロボット教室への参加もあるので、ぜひ、自分の研究分野の最前線を話にきてください。ご自分の専門を活かした、新企画の実現もスタッフがサポートします。

Q3. どんなことができますか?

日曜日のインターンシップ活動に参加していただく中で、実験教室やサイエンスライティングなどの科学教育活動を通して、コミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキル、マネジメントスキル、リーダーシップなどを身につけ、これからの社会を支える人材になれるようなプログラムを用意しています。ただし、リバネスが用意するのはこういった学びのチャンスだけ。それをどういう形で活用するかは、受講者に任されています。また、新企画の立ち上げやイベントプロデュース、公募事業への申請など、ひとりひとりのアイデアを形にしていくことで、創造力や実行力を身につけることが可能です。

Q4. 平日に活動することもありますか?

基本的に日曜のみの活動です。実験教室当日や営業同行など、平日に活動がある場合もありますが、強制参加ではありません。

Q5. 学業との両立は可能ですか?

リバネスのインターンシップは毎週日曜日のみのWeek end型を採用しています。日曜日にみんなで集まって会議をして、そこで決まったことをメールベースで平日進めていく、学業との両立を実践できる形です。タイムマネジメントもトレーニングのうち。自分が研究と両立できるような参加の仕方を考えてみてください。

お申し込み・お問い合わせフォーム

お電話・ファックスでのお問い合わせはTEL:03-5227-4198(代)、FAX:03-5227-4199までお願い致します。

インターンシップ向け研修・イベント情報