【終了しました】【2010/2/27】 教育CSRシンポジウム2010開催

【終了しました】【2010/2/27】 教育CSRシンポジウム2010開催

本イベントは終了しました。

企業と学校が連携した科学教育の最前線
参加登録受付中 ・ 参加費無料

2009年度経済産業省委託事業である「社会人講師活用型教育支援プロジェクト」及び「早期工学人材育成事業」は、次世代の科学技術人材の養成に取り組む経済産業省が理科教育の充実を推進する文部科学省と連携し、子どもたちが学ぶ理科と実社会を結びつけた理科授業の実施を支援するためのプロジェクトです。
本プロジェクトでは、産業界・教育界をつなぐコーディネーターが全国の約10地域に配置されており、各地域において理科実験に協力できる企業を発掘するとともに、企業の技術を使った理科実験プログラムを作成します。本シンポジウムでは、2009年度の事例をもとに、教育現場、企業の両者の意見交換を行い、今後の教育CSRの可能性を探ります。教育機関、企業の方、地域行政の方など、皆様のご参加お待ちしております。

基本情報

日時 2010年2月27日(土)13時00分~16時30分(開場:12時30分)
場所 ベルサール西新宿 1階ホール
地図 http://www.bellesalle.co.jp/bs_nishishinjuku/images/shikihai.html

プログラム概要

講演1経済産業省 産業技術環境局 担当者
内容:社会人講師活用型教育支援プロジェクト、早期工学人材育成事業の社会的背景と目的

講演2「若手人材と子どもを活性化する教育CSR」 株式会社リバネス  楠 晴奈
内容:研修内容、プログラム作成のサポート、学校コーディネートについて

企業実施例「企業オリジナル実験教室の開発と実施」
※プロジェクト参加企業から3例ご紹介します。
内容:参加動機、実施体制、プログラムの実例紹介

休憩

意見交換会・実験演示
内容:各企業のブースにて質疑応答、簡単な実験と講義の実演を行う実験教室実演予定

講演3 教育委員会 担当者
内容:教育現場の実情と教育現場で望まれるプログラムについて

※プログラムは予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

◆プロジェクト参加企業一覧◆

カルピス株式会社、積水ハウス株式会社、株式会社ニッピ、日本気象予報士会千葉支部、マブチモーター株式会社、株式会社マルハニチロホールディングス、インテル株式会社、チッソ株式会社、片倉チッカリン株式会社、東レ株式会社、株式会社常磐植物化学研究所、旭硝子株式会社、全日本空輸株式会社、三菱レイヨン株式会社、ヤフー株式会社、ヴイストン株式会社、DIC株式会社

 

お申込み

申込みは終了しました。