ホーム プレスリリース 民間企業で唯一、科学技術振...

民間企業で唯一、科学技術振興機構の「ジュニアドクター育成塾」にリバネスの企画提案が採択されました。

353
0
シェア

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が募集を行った「ジュニアドクター育成塾」事業において、リバネスの企画提案「持続可能なジュニアドクター育成・輩出プラットフォームモデルの構築」が採択されました。

10の採択機関のうち、民間企業はリバネスのみ、他は仙台高等専門学校、筑波大学、東京大学等が採択されています。

参照:「ジュニアドクター育成塾」平成29年度採択機関・企画一覧

ジュニアドクター育成塾は、本年度新たに募集された事業で、将来の科学技術イノベーションを牽引する傑出した人材の育成に向けて、高い意欲や突出した能力を持つ小学生・中学生を発掘し、理数・情報分野の学習などを通じてその能力を伸長させる体系的な取組みが支援対象となります。

平成29年度は、2月24日~4月14日の期間、大学、高等専門学校、公的研究機関、科学館・科学系博物館、公益法人、NPO法人および民間事業者などを対象に募集され、24件の応募があり、外部有識者で構成される委員会で審査により、10の企画が採択されました。

リバネスではこれまで、社員自らの研究経験をベースに、児童生徒の興味関心を研究活動に昇華させる独自の教育システム「Research Based Education(RBE)」を独自開発、実施して参りました。本企画を通し、自らの興味を形にしたい小中学生に対し、本気で研究に取り組むチャンスを提供することで、研究の「型」を身につけあらゆる課題に挑戦し、未来を創り出す研究者を輩出します。

<問い合わせ先>
リバネス教育総合研究センター
担当:立花
電話:03-5227-4198
FAX番号:03-5227-4199
メールアドレス:[email protected]

Pocket
LINEで送る

コメントを残す