リバネスCTO井上浄が熊本大学薬学部先端薬学教授に就任いたしました。

リバネスCTO井上浄が熊本大学薬学部先端薬学教授に就任いたしました。

株式会社リバネス取締役副社長CTOの井上浄が2018年4月1日付にて熊本大学薬学部先端薬学教授に就任いたしました。

先端薬学教授は、熊本大学薬学部より「 薬学部の薬学教育研究の指導に協力する学外の優れた教育研究者等」に対して、厳正な審議(人物、経歴、業績など)を経て、付与される名称です。

弊社は2016年2月に、熊本県・株式会社肥後銀行・熊本大学・熊本県工業連合会と次世代ベンチャー創出にむけた連携協定を締結(リリース)、同年11月に熊本大学に自然共生型産業研究所を設立しました(リリース)。その後、前述の5者によるコンソーシアムを組成し、創業応援プログラム「熊本テックプランター」を実施、熊本大学発ベンチャーの設立や県内ベンチャーの資金調達などの成果が生まれました。

また昨年度は熊本大学薬学部の薬学科および創薬・生命薬科学科の1年生を主な対象としたアントレプレナー講義を実施させて頂きました。【全3回:講義名称:iHOPE(Innovative Healthcare-Oriented Program for Entrepreneur)】

iHOPEでは、学生が薬学の専門性を生かして社会で活躍するための素地としてアントレプレナーシップを身につけ、精神的にも社会的にも自立した個人として問題意識を持ちそれらを解決することに挑戦する思考性を獲得することを目指しました。

【実施報告】

①10月26日

薬学が世界を変える!リバネスCTO井上浄の熊本大学薬学部での講義がスタートしました

②11月16日

薬学の多様なキャリアを知る!リバネスCTO井上浄と薬学部卒ベンチャー起業家が熊本大学薬学部で講義を行いました

③1月11日

チームでQPMIサイクルを回せ!リバネスCTO井上浄の熊本大学薬学部での講義が終了いたしました。

本年度もiHOPEや「熊本テックプランター」を通して、熊本大学薬学部様と共に次世代を担う薬学部の学生のアントレプレナーシップ育成にむけて取り組んでまいります。

<井上浄 プロフィール>

井上 浄 取締役副社長CTO

東京薬科大学大学院薬学研究科博士課程修了 博士(薬学)/薬剤師

リバネス創業メンバーのひとりであり、大学院在学中に理工系大学生・大学院生のみでリバネスを設立。博士課程を修了後、北里大学理学部生物科学科助教および講師、京都大学大学院医学研究科助教を経て、2015年8月1日より慶應義塾大学特任准教授に就任・兼務。研究開発を行いながら、大学・研究機関との共同研究事業の立ち上げや研究所設立の支援等を担っている。

【兼務】慶應義塾大学特任准教授, 熊本大学先端薬学教授、株式会社メタジェン技術顧問、株式会社サイディン技術顧問など

【著書】『抗体物語』(共著)リバネス出版, 『iPS細胞物語』(共著)リバネス出版

<お問合せ先>

熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアム事務局(株式会社リバネス内 担当:戸金、福田)

株式会社リバネス自然共生型産業研究所

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪2-39-1熊本大学くまもと地方産業創生センターベンチャー支援室

TEL:050-1743-9799 MAIL:[email protected]