6月16日(土)東京都立小山台高等学校でDNAの抽出・鑑定実験教室を実施します

6月16日(土)東京都立小山台高等学校でDNAの抽出・鑑定実験教室を実施します

たんぽぽはどれだけの種類が日本に自生しているか知っていますか。日本には18種類もの在来種が生息しています。一方で、かつて食用として輸入された外来種のたんぽぽは数を増やし、今では日本全国で外来種のたんぽぽが見られます。それらは花を包むガクを調べることで、その形から判断することができますが、中には成長度合いによってどちらの種か判断が難しいものも存在します。そこで注目するのが生き物の設計図、DNAです。たんぽぽの種類が異なればDNAも異なっており、その違いを特定することができれば、身の回りにあるたんぽぽが何の種類なのかを知ることができます。
今回の実験教室では、DNAの違いを調べることによって種類の違いを特定できることを学び、身の回りに生えているたんぽぽの種別の分布図を作成することに挑戦します。
実験では自分のDNAを抽出して観察したり、DNAの化学的構造や電気的性質を利用して、その違いを鑑定することで、生物の魅力を体感します。教室の最後には、自らの心おどる気持ちと向き合うことで、得意かどうかではなく、好きかどうかで自分の将来を決めていくこともできるということを伝えます。
参加する生徒が今回の経験を通して、生物の面白さを体験するとともに、自らの選択について考える新たな軸を得られる教室を目指します。

【概要】
日時:6月16日(土) 13時〜16時
場所:小山台高等学校
対象:高校3年生生物選択者 30名
内容:DNAの抽出・鑑定実験教室

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社リバネス
教育開発事業部
担当:岸本
メールアドレス:[email protected]
TEL:03-5227-4198

本実験教室は教育応援プロジェクトの一環として実施しています
教育応援プロジェクトについて:https://lne.st/business/education/

Pocket
LINEで送る