• HOME
  • リバネスサイキテック研究所、ヒューマノーム研究所と「心理・行動データと生理指標データの統合解析プラットフォームの構築」に関する共同研究を開始

リバネスサイキテック研究所、ヒューマノーム研究所と「心理・行動データと生理指標データの統合解析プラットフォームの構築」に関する共同研究を開始

リバネスサイキテック研究所、ヒューマノーム研究所と「心理・行動データと生理指標データの統合解析プラットフォームの構築」に関する共同研究を開始

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長COO:髙橋 修一郎)のサイキテック研究所(所長:江川 伊織)は、株式会社ヒューマノーム研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀬々 潤)と共同研究契約を締結しました。

サイキテック研究所は、人の心と行動を研究対象とし、心理学等の研究成果をテクノロジーに乗せて社会に実装することを目指しています。

目に見えない心に対するアプローチとしては、質問票調査や行動観察、心理実験といった手法が心理学領域において用いられてきました。これらの手法に加え、近年では表情分析や心拍データを用いたストレス評価、議論分析など、人の心や行動の測定・可視化を試みるテクノロジーが目覚ましい発展を遂げています。

サイキテック研究所では、心を対象とした研究者や先端テクノロジーを有するスタートアップとの連携を進めており、今後、人の心や行動に関する多様なデータが集積してくることが期待されます。

ヒューマノーム研究所は、人に関わるあらゆる情報を最先端のテクノロジーから得られるデータを用いて統合解析し、「人間とは何か」を追求する研究開発型ベンチャーです。これまでに、国立がん研究センターとの診断精度向上や創薬に向けた機械学習手法の共同研究開発や、複数のテクノロジーベンチャーと日常生活データ観測・観測情報の統合解析に関する共同研究を推進しています。

このたび、サイキテック研究所では、ヒューマノーム研究所との共同研究により、人の心理・行動と生理指標に関するデータを体系的に取得・蓄積し、統合解析を可能にするデータ基盤の構築を開始します。

多様な指標の組み合わせによる解析を通して、人の心に関する研究開発とその社会実装を推進する基盤となることを目指してまいります。

将来的には心理・行動データのみならず、腸内細菌叢等の生物学的なデータを組み合わせた解析も見据えて研究を進めていく予定です。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社リバネス サイキテック研究所(所長:江川伊織)
mail: [email protected]
tel: 03-5227-4198