【6/9(火)オンライン開催】日本水産・荏原製作所・ベンチャーと語る!MARINE-TECHセミナー 〜海の持続可能性×新規事業〜

【6/9(火)オンライン開催】日本水産・荏原製作所・ベンチャーと語る!MARINE-TECHセミナー  〜海の持続可能性×新規事業〜

 株式会社リバネス(代表取締役グループCEO:丸幸弘、以下「リバネス」)は、事業会社とマリンテックベンチャーの連携加速を目的として、6月9日(火)に企業向けオンラインセミナー『MARINE-TECHセミナー 〜海の持続可能性×新規事業〜』を開催します。(申込みはこちら

 リバネスが主催するテックプランターでは、研究者・ベンチャー企業・大企業と共に、ものづくり、マリン、農業などの8つの領域で「未解決の課題”ディープイシュー”に対して、科学技術の集合体”ディープテック”で解決する」ことを目指しています。この度、マリン領域の活動・実例の紹介を目的として、バイオテックグランプリエコテックグランプリに続き、下記要領でセミナーを開催することを決定しました。奮ってご参加ください。

■本イベントは盛会のうちに終了いたしました■

イベント当日の様子

日本水産株式会社 畑中 晃昌 氏、株式会社荏原製作所 松井 寛樹 氏とのパネルディスカッション

 前半のマリンテックベンチャーピッチでは、マリンテックグランプリのアルムナイである、株式会社Fulldepth、株式会社かもめや 、炎重工株式会社に登壇いただき、海を舞台に解決したい課題やそこに向ける情熱、自社のテクノロジーについてプレゼンいただきました。

後半のパネルディスカッションでは、マリンテックグランプリ2020のパートナー企業である日本水産株式会社 畑中 晃昌 氏、株式会社荏原製作所 松井 寛樹 氏と、株式会社リバネス篠澤にて、「海の課題を解決する新たなビジネスとは」「海から新たなビジネスを生み出すには」という問いを深めていきました。各社から海での取り組みや保有している技術、現場の最前線で感じている課題などを共有しあい、その上で持続可能な海とマリンビジネスが統合された未来について議論を深めました。

今後も「持続可能な海と新規事業の両立」という大きなテーマを掲げ、マリンテックグランプリを引き続き推進して参ります。新規事業をご検討中の大企業や、海を舞台にした新たなアイデアや技術をお持ちの研究者/ベンチャーの方々のご参画をお待ちしております。

 

< 大企業の新規事業や共同研究をご検討中の方々へ >

テックプランターは、「未解決の深い課題を、科学技術の集合体”ディープテック”で解決する」ことをコンセプトとし、ベンチャー企業や中小企業、研究者とのコラボレーションに前向きな大企業様にはパートナー企業として参加いただきたいと考えております。

パートナー制は、主に大企業の新規事業創出、既存事業の変革やオープンイノベーションを目的としております。個社では見えなかった課題や技術の情報収集を図るとともに、デモデーに至るプロセス、デモデー後の面談などを通じて共創型プロジェクトを生んでいくことを目指します。

8領域のうち、関心にあいそうな領域を選んでいただきます。該当領域における書類審査、デモデーへの審査員の派遣、企業賞の設置を行います。

詳細はお問い合わせください。

株式会社リバネス( 担当:篠澤、秋永、内山)
03-5227-4198 [email protected]

テックプランター とは:https://techplanter.com/about/

 

< 研究者、ベンチャーの方々へ >

テックプランターは、起業家支援の仕組みが手薄なものづくり、バイオ、アグリ、マリン、メディカル、エコ、フード、ケアの8つの分野を対象としたシードアクセラレーションプログラムです。

研究シーズの段階から、リバネスのブリッジコミュニケーターが伴走支援し、企業とのマッチングや、事業プランの立案・運用を共に行うことで、自律的に事業成長・発展するまでを支援します。

現在、「マリンテックグランプリ」へのエントリーを募集しています。日本国内からの世界を変えるアイデアを持っている方々のエントリーをお待ちしています。

2020年度 マリンテクグランプリウェブサイト:https://techplanter.com/mtg2020/

エントリーはこちらから:https://id.lne.st/pre_regist?s=tp

エントリー締切:7月10日(金)

エントリーに向けた事前相談も受け付けております。お気軽に担当にご連絡ください。

株式会社リバネス( 担当:篠澤、秋永、内山)
03-5227-4198 [email protected]

 


 

開催概要

・日時:2020年6月9日(火)16:00〜17:30
・形式:オンライン(聴講無料)

開催背景

 海で魚を捕り、塩をつくり、物流に利用し、膨大なエネルギーを電気に変える。人間は海から多くの恵みを得て、共に文明を発展させてきました。陸上の豊かさは全て海と繋がっているのに、私たちは海についてどれだけのことを知っているのでしょうか。海底地図や生態系、海洋資源など未解明なことばかりで、その可能性を引き出すには技術的な課題が山積みです。また、陸上社会の発展に伴う海洋環境への影響も無視できません。海から得られる恩恵の最大化と持続可能性を両立するためにも、海と陸の課題を別々に捉える時代は終わりました。

 2017年に設立されたマリンテックグランプリでは、海から得られる恩恵の最大化と持続可能性の両立を実現すべく関連領域の研究成果、技術の発展を促進して参りました。これまでに96チームが参加し、そのうちちょうど半数の43社が既に会社設立に至っています。今年の「第4回マリンテックグランプリ」では、海の課題解決、そして海にまつわる様々な新技術に着目し、より一層異分野の技術や知見を統合していきます。その実現には、研究者やマリンテックベンチャーと共に、新事業創出や世界の課題解決に挑むパートナー企業の参加が欠かせません。

 6月9日(火)のオンラインセミナーでは、マリン領域の研究者/ベンチャーによるピッチ、今年度のパートナー企業様によるパネルディスカッションを通し、マリンテックが解決する課題、生まれうる新事業、その先の世界観を共有します。マリンテック分野の動向、研究者やベンチャー企業との連携に興味のある、多くの企業の皆さまのご参加をお待ちしております。

当日のタイムライン

時間 内容
15:45-16:00 開会
16:00-16:10

<趣旨説明>

「リバネスが仕掛けるマリンテック への想い」

株式会社リバネス
製造開発事業部
内山 啓文

16:10-16:30

<マリンテックベンチャー・研究者ピッチ>

株式会社Fulldepth

代表取締役社長CEO 伊藤 昌平 氏

(第1回 マリンテックグランプリファイナリスト、リアルテックベンチャーオブ・ザ・イヤー2020 グロース部門受賞

 

株式会社かもめや

代表取締役 小野 正人 氏

(第3回 マリンテックグランプリ 最優秀賞・三菱電機賞受賞)

 

炎重工株式会社

代表取締役社長CEO 古澤 洋将 氏

(第3回マリンテックグランプリ 日本財団賞・日本ユニシス賞)

 

16:30-17:15

<パネルディスカッション>

パネリスト

日本水産株式会社(マリンテックグランプリ2020パートナー企業)

中央研究所 養殖基盤研究室 研究室長

畑中 晃昌 氏

 

 

株式会社荏原製作所(マリンテックグランプリ2020パートナー企業)

次世代事業開発推進部 養殖事業推進プロジェクトリーダー

松井 寛樹 氏

 

 

(モデレーター)株式会社リバネス

創業開発事業部 部長

篠澤 裕介

 

 

ディスカッションテーマ

 ・海の課題を解決する新たなビジネスとは

 ・海から新たなビジネスを生み出すには

17:15-17:30 質疑応答、今後に関するご連絡
17:30 閉会

■本イベントは盛会のうちに終了いたしました■

 

<リバネスIDのページ画面>

「テックプランター」>「TECH PLANTERオンラインセミナー」へとお進みください

※参加申し込み後の諸注意※
・イベント開始の1時間前までに、視聴用URLをメールにてご案内します。
・オンライン配信サービスの接続や設定についてはサポート対象外となります。
・事前に登録いただいた方のみ視聴が可能です。
・終了時刻は前後する可能性がございます。
 ・配信時の画面キャプチャはご遠慮ください。
・配信URLのSNS等への投稿による拡散や、メール等による他者への転送はくれぐれもご遠慮ください。

 

テックプランターとは

大学や企業で生まれる科学技術の社会実装を促すアクセラレーションプログラムとして、2014年に第 1回を開催し、7年目を迎えました。2020年シーズンからは、「未解決の課題 “ディープイシュー” に対して、科学技術の集合体 “ディープテック” で解決する、Deep Issue & Deep Tech Explorer」への進化を目指しています。科学技術の社会実装、研究開発型ベンチャーの支援といった枠組みを超え、リバネスは課題解決のために効果的なプラットフォームを実現します。

 

 

お問い合わせ
株式会社リバネス 創業開発事業部 担当:秋永・内山
MAIL : [email protected]/TEL:03-5227-4198