【実施報告】地域企業・スタートアップ価値創造チャレンジ事業における「地域産業創出セミナー」第三回を実施しました。

【実施報告】地域企業・スタートアップ価値創造チャレンジ事業における「地域産業創出セミナー」第三回を実施しました。

2020年11月20日、関東経済産業局委託事業である「地域企業・スタートアップ価値創造チャレンジ事業」における「地域産業創出セミナー」の第三回を実施しました。当日は、全国の地域中堅企業の他、大企業や自治体、地域金融機関、スタートアップの方々が約80名ほどが参加しました。

※中堅・中小企業とスタートアップの連携による価値創造チャレンジ事業について(関東経済産業局HPへ)

はじめに、経済産業省関東経済産業局 製造産業課 総括係長である渡邉 亨氏より、サプライチェーンや価値創造などのキーワードに言及しながら本事業の趣旨について、説明がありました。

その後「拡大し続ける再生医療市場に挑む 〜バイオベンチャーと地域中堅企業の連携戦略とは〜」と題したトークセッションを開始。まずは、高品質な培地製造実績を持つ埼玉の中堅企業「コージンバイオ株式会社」の常務取締役 中村氏から、オンリーワンの製品を作り続ける同社の「断らない」精神の大切さと、そんな文化から蓄積されてきた豊富なノウハウという強みについてご紹介いただきました。続いて、iPS細胞由来心筋細胞の新規培養技術で再生医療の応用へ挑む京都のスタートアップ「株式会社マイオリッジ」の代表取締役 牧田氏からは、再生医療産業のインフラを支えるための事業紹介、そしてコージンバイオとの出会いと、連携までのスピード感溢れるやりとりについてお話いただきました。

さらに、オンライン質問ツール Slidoには「互いがコンペティターになる可能性は考えなかったのですか?」といった突っ込んだ質問も寄せられ、「コンペティターにいずれなる可能性はゼロでなくても、業界を盛り上げるためには、必ず組むべき仲間」という熱い両者の思いを掘り下げることができました。連携を経て、日本の技術力の高さを武器に海外へ展開していくというビジョンを次第に共有した2社の今後の活躍が楽しみです。

実施後のアンケートでは、「スタートアップとの連携を希望する」という地域中堅企業からの回答が今回も多数ありました。今後は、回答企業とのオンライン面談を調整し、スタートアップとの連携へ向けた動きを進めてまいります。

本セミナーは、12月10日(木)16:00から「番外編」として、地域中堅企業の「M&Aによる事業拡大戦略」をテーマに取り上げ、開催を予定しております。ぜひ、次回以降の視聴申し込みもお待ちしております。

 

本事業に関する問合せ

・株式会社リバネス 地域開発事業部  担当:伊地知

・TEL 03 – 5227- 4198  Mail:[email protected]